岡山大学工学部物質応用化学科
コンテンツ
プロフィール
研究組織
教育内容
物質応用化学科の教育
カリキュラム
シラバス
卒業後の進路
入試情報
高校生の皆様へ
ニュース
同窓会
物質応用化学科の教育



化学は,機能材料や物質の創造、生産を通して、医薬・農薬、精密機械、自動車、電子・情報など広範な化学産業に深く貢献し、現在の工業社会を支えると同時に、次世代の産業を創造し、先導する要となる学問領域である。そして、高度情報化(IT)、人口の急激な増大化、エネルギー・資源の枯渇化、地球環境問題などの大きな問題の解決に重要な役割を果たす学問領域である。物質応用化学科では、人類の発展と幸福に貢献できる優れた化学技術者・化学研究者を、最先端の研究を通した教育活動により育成することを目指している。


物質応用化学科では化学の最先端の研究を通して、国際的な視野をもち、多様な分野で活躍できる個性と創造性豊かな課題探求型人材の育成を目指す。そのために、教育活動にあっては、基礎学力を重視したカリキュラムによる専門教育を行うと共に、技術者として求められる語学力や倫理感、社会人として要求される素養と常識を涵養する。また実践的研究課題を通した教育として、生命科学、機械工学、電子工学などの先端科学・工学をけん引する新材料の創出、資源循環・地球環境保全に立脚した物質製造・処理システム、方法論の開発など人類の福祉に直接関わる研究を行う。


以上の基本理念、目的に基づいて以下の教育目標を掲げている。

1) 研究者、技術者としての倫理観を身に付けさせ、人類の幸福と福祉という広い観点から化学の役割を考え、社会に対する責任感を自覚する能力を養う。
2) 化学全般を支える基礎科目として、物理化学、有機化学、無機化学を徹底して修得させる。そして、化学結合、化学反応、物性などの本質と基本原理を理解する能力をもたせ、新しい化学技術や物質を創造できるようにする。
3) 分子軌道理論などの量子化学的な考え方を十分に理解させることにより、化学反応や物質の物性をシミュレートする計算機化学の発展に対応できる素養を持たせる。また、量子化学的理解を基盤とした機器分析の能力を身につけさせ、高度な機能性物質設計に必要な能力を育成する。
4) 反応の化学工学的側面からの理解とアプローチができる能力を育て、実際の産業に不可欠な化学装置の設計及び製図の実務能力を育成する。
5) 産業の上で重要な高分子化学を理解し、応用できる能力を育成する。
6) 学問の基礎である数学と物理学の能力を身につけさせ、化学を定量的かつ論理的に正確に理解させる。
7) 国際的な視野で活躍できる研究者、技術者として必須の英語によるコミュニケーション能力を身に付けさせる。
8) 化学反応の本質を理解・体験し、技術的能力を修得させるために、化学実験を各年次で行い、実験の計画の立案、実行、データ整理、考察、成果を発表する能力を身につけさせる。
9) 危険物の取り扱い、廃棄物の処理、環境問題に対処できる実務能力を養成する。
10) 研究のための情報収集、研究計画、実行、公表(コミュニケーション)の能力を養い課題探求型研究者、技術者を養成する。


化学の基礎科目である物理化学、無機化学、有機化学の確実な修得と専門各論を学ぶための基礎形成を目指し、これらの科目には1、2年次に多くの時間を割り当て、少人数(30人)のクラスで毎週の講義と隔週の演習を導入している。また、TA(ティーチングアシスタント)による演習・学生実験の支援により科目に対する学生の親しみとより高い習熟度の達成を目指すとともに、TAの学生のリーダーシップを育成している。専門各論に必要な基礎科目は低学年で教え、修得した内容を高学年での専門各論の講義で復習することにより、基礎から応用への橋渡しを心がけている。主題科目は社会人としての教養(倫理観、人類の幸福と福祉・社会に対する責任感など)を身につけさせるための幅広い知識の修得を目指している。入学直後のガイダンス科目では、受け身の学習から脱して、自ら課題を探求し、達成していくための心構えと方法論を身につけさせる。外国語科目は教養科目として2年次までに履修する。さらに、専門科目として化学英語を30人の少人数クラスで、英語を母国語とする外国人教官を交えて教育している。また、TOEICや英検などの資格試験の受験を通して、英語力の自己評価、自己啓発の機会とさせている。また、危険物取扱者などの資格の取得も奨励している。4年次の学生は、各研究室に配属し、特別研究として化学分野の最先端のテーマに取り組むことによって、3年次までに修得して来た知識を実践的問題解決に応用し、科学技術者としての創造性を育成する。さらに、学会などで自らの研究成果を発表することを奨励している。
さらに、大学院(修士、博士)では、最先端の科学・技術に関わる研究活動を通して実践力、応用力、問題解決力、創造的企画力などをもった研究者、技術者を養成する。

岡山大学工学部サイトマップトップページ