岡山大学工学部物質応用化学科
コンテンツ
プロフィール
研究組織
教育内容
入試情報
高校生の皆様へ
学科の特徴
化学のイメージ
キャンパスライフ
卒業後の進路
FAQ
ニュース
同窓会
化学のイメージ

応用物質化学科
化学はモノ創りの原点

模型、電子回路、食事をつくるは「作る」、自動車、船をつくるは「造る」です。化学は電子機器や自動車のもととなる材料を分子のレベルで「創る」科学・技術です。例えば、皆さんに身近な携帯電話は化学の固まりです。ボディにはプラスチック、表示板には液晶が使われ、電話が働くためのエネルギーは電池から供給され、頭脳となるICには各種の化学材料が使われています。
携帯電話
先端科学技術を先導する化学

21世紀の科学・技術におけるキーワードは材料・エネルギー・環境でしょう。最新の電子機器の出現は新しい材料の開発が決め手です。また、太陽エネルギーを電気エネルギーや熱エネルギーに効率よく変えることも、新材料の開発にかかっています。また、私たちの地球をクリーンにするうえでも化学技術が主役になることでしょう。
宇宙
生物と結びつく化学

桃の花が咲くという現象を考えてみましょう。花が咲くという現象は明らかに生物現象です。ではどうして春になれば、花が咲くのでしょうか?それは太陽光と炭酸ガスから葉緑素という触媒により、花を開かせるための物質とエネルギーが生まれるという化学現象が植物の中で起こるからです。果物の実を沢山つけさせたり、実る時期を調節したり、果実を害虫から守ったりするのにも化学物質が役立っています。
桜

岡山大学工学部サイトマップトップページ