岡山大学工学部物質応用化学科
コンテンツ
プロフィール
プロフィール
沿革
アクセス
紹介パンフレット
研究組織
教育内容
入試情報
高校生の皆様へ
ニュース
同窓会
プロフィール



化学は、自然界で起こっている現象を原子や分子レベルで解明し、それを応用して化学繊維、プラスチック、医薬、農薬、バイオテクノロジー、セラミックス、電池材料、エレクトロニクス材料、超伝導体など新しい機能を持ったユニークな物質を創り出す学問です。また、化学を基盤として生まれた製品は、精密機械、自動車・航空機、電子・情報・通信機器などさまざまな工業製品の心臓部でその機能を支えています。
物質応用化学科では、そのような現代から次世代の生活・生産活動の基盤を担い、さらには、地球環境の保全や新しいエネルギーの創出を促す、さまざまな新規かつ独創的な化学物質・材料の開発とその製造プロセスの構築、処理・リサイクル技術の確立に向けて、実践的な教育研究を行なっています。

岡山大学工学部サイトマップトップページ