2017年学会発表

第47回複素環化学討論会,高知県立県民文化ホール(高知)
2017年10月28日
3O-15 エナンチオ選択的なアシル化によるmeso-1,2-ジオール類の非対称化反応
(岡山大院自然) ◯萬代大樹・安原 宏・藤居一輝・下村征史・菅 誠治 (口頭発表)
 
第47回複素環化学討論会,高知県立県民文化ホール(高知)
2017年10月26日
2P-51 光学活性DMAP誘導体を用いるアズラクトンの動的速度論的光学分割反応の開発
(岡山大院自然)  ◯本郷晃平・萬代大樹・菅 誠治 (ポスター発表)
*Chemistry Letters賞受賞
 
 
日本プロセス化学会2017サマーシンポジウム,大阪国際交流センター(大阪)
2017年8月4日
2P-05 ベンゾフラノン類のエナンチオ選択的 Steglich 型転位反応の開発
(岡山大院自然) ◯藤居一輝,萬代大樹,菅 誠治(ポスター発表)
 

日本プロセス化学会2017サマーシンポジウム,大阪国際交流センター(大阪)
2017年8月3日
1P-16 ジオール類のエナンチオ選択的モノアシル化反応の開発
(岡山大院自然) ◯萬代大樹,安原宏,藤居一輝,下村征史,菅 誠治(ポスター発表)
 

2017年電気化学会秋季大会 長崎大学文教地区キャンパス 2017.9.10-11
1B30 ○光藤耕一,田中聖一,礒淵僚太,菅 誠治
高度にπ拡張されたベンゾシロロチオフェン誘導体の効率的合成及びその電気化学的特性(口頭発表)

第28回基礎有機化学討論会 九州大学伊都キャンパス 2017.9.7-9
2P101 ○栗本悠司・光藤耕一・菅誠治
エーテル合成および脱水素環化を経るベンゾジチエノフラン誘導体の合成と物性評価(ポスター発表)

International Symposium on JST ACT-C Project, Okayama University,  2017.7.28
L-3 Koichi Mitsudo
Facile Syntheses of Heterothienoacenes and Their Properties (oral)

International Symposium on JST ACT-C Project, Okayama University,  2017.7.28
PS-7 Takuya Asada, Tomohiro Inada, Koichi Mitsudo, and Seiji Suga
Fe/Cu-Cocatalyzed Etherification for the Synthesis of 3-Benzo[b]thienyl Ethers and Their Transformation to Benzothienofurans (poster)

International Symposium on JST ACT-C Project, Okayama University,  2017.7.28
PS-8 Yumi Hosogi, Koichi Mitsudo, and Seiji Suga
Pd-Catalyzed Cyclization for the Synthesis of Dithienofuran Derivatives (poster)

International Symposium on JST ACT-C Project, Okayama University,  2017.7.28
PS-9 Yoshiaki Kobashi, Tomohiro Inada, Yuji Kurimoto, Koichi Mitsudo, and Seiji Suga
Dehydrative or Dehydrogenative Cyclization Leading to Benzothienofurans (poster)

International Symposium on JST ACT-C Project, Okayama University,  2017.7.28
PS-10 Yuji Kurimoto, Koichi Mitsudo, and Seiji Suga
Synthesis and Properties of Benzodithienofuran and Its π-Extended Derivatives (poster)

International Symposium on JST ACT-C Project, Okayama University,  2017.7.28
PS-11 Ren Matsuo, Natsuyo Kamimoto, Koichi Mitsudo, and Seiji Suga
Synthesis of Butadiynes by Electro-oxidative Coupling Reactions (poster)

19th IUPAC International Symposium on Organometallic Chemistry Directed Towards Organic Synthesis (OMCOS19), Jeju, Korea, 2017.6.25-29
P2-89 Koichi Mitsudo, Seiichi Tanaka, and Seiji Suga
Rh-Catalyzed Dehydrogenative Cyclization Leading to Benzosilolothiophene Derivatives (poster)

第41回有機電子移動化学討論会 北海道大学 2017.6.22-23
1O08 ○栗本悠司・光藤耕一・菅誠治
エーテル合成および脱水素環化反応を経るヘテロ環が縮環したチエノフラン誘導体の合成(口頭発表)
※優秀講演賞受賞

第41回有機電子移動化学討論会 北海道大学 2017.6.22-23
P09 ○浅田拓哉・稲田智大・光藤耕一・菅誠治
鉄・銅共触媒によるエーテル化反応を経るチエノベンゾフランの効率的合成と電気化学的性質(ポスター発表)

第41回有機電子移動化学討論会 北海道大学 2017.6.22-23
P16 ○吉岡和紀・灰佐将弘・光藤耕一・菅誠治
インダイレクトカチオンプール法を応用したピペリジン誘導体の不斉合成(ポスター発表)
※優秀ポスター賞受賞

International Symposium on Pure & Applied Chemistry 2017 (ISPAC2017), Ho Chi Minh City, Vietnam, 2017.6.8-10
ORG54 Hiroki Mandai
Development of Extremely Active Nucleophilic Catalysts for Enantioselective Transformations (invited lecture)

International Symposium on Pure & Applied Chemistry 2017 (ISPAC2017), Ho Chi Minh City, Vietnam, 2017.6.8-10
ORG55 Koichi Mitsudo
Efficient Synthesis of π-Extended Ladder-type Thiophene Derivatives (invited lecture)

第7回有機分子構築法 夏の勉強会 兵庫県立淡路夢舞台国際会議場,2017.5.14-15
◯萬代大樹
エナンチオ選択的ジオール類の非対称化反応(口頭発表)

日本化学会 第97春季年会 慶應大学 日吉キャンパス 2017.3.16-19
Asian International Symposium-Organic and Green Chemistry-
3D3-29 Hiroki Mandai*
Development of Extremely Active Nucleophilic Catalyst for Enantioselective Transformations (invited lecture)

日本化学会 第97春季年会 慶應大学 日吉キャンパス 2017.3.16-19
若い世代の特別講演会
1E5-28 ◯萬代大樹
効率的かつ劇的な反応加速効果をもたらす有機分子触媒システムの開発
※受賞講演

日本化学会 第97春季年会 慶應大学 日吉キャンパス 2017.3.16-19
1S1-05 ○光藤耕一
有機電解と有機金属の協奏的レドックス化学に基づく分子構築(特別企画講演)

日本化学会 第97春季年会 慶應大学 日吉キャンパス 2017.3.16-19
1E5-32 ○FUJII, Kazuki; MANDAI, Hiroki; SUGA, Seiji
Enantioselective Steglich rearrangement of benzofuranone derivatives with highly active chiral nucleophilic catalysts (oral)

日本化学会 第97春季年会 慶應大学 日吉キャンパス 2017.3.16-19
1F2-37 ○栗本悠司・光藤耕一・菅誠治
SNAr 反応によるエーテル合成および脱水素環化反応を経るジチエノフラン誘導体の合成(口頭発表)

日本化学会 第97春季年会 慶應大学 日吉キャンパス 2017.3.16-19
2F5-09 ○平田敬之・栗原悠輔・光藤耕一・菅誠治
レドックス応答型有機触媒を用いた反応制御(口頭発表)

日本化学会 第97春季年会 慶應大学 日吉キャンパス 2017.3.16-19
3F5-05 ○灰佐将弘・光藤耕一・菅誠治
インダイレクトカチオンプール法を応用したピペリジン誘導体の不斉合成(口頭発表)

日本化学会 第97春季年会 慶應大学 日吉キャンパス 2017.3.16-19
3E8-13 ○本郷晃平・下脇圭太・萬代大樹・菅誠治
N,N-4-ジメチルアミノピリジンN-オキシド(DMAPO)をプロモーターとするβ-ラクトンの新規合成法(口頭発表)

第3回 新学術領域研究「中分⼦戦略」若⼿シンポジウム 聖護院 御殿荘(京都) 2017.3.7-8
高活性な光学活性DMAP誘導体を用いるd,l-1,2-ジオールの速度論的光学分割反応
◯萬代大樹(口頭発表)

2016年学会発表

2nd Asian Network Symposium on Drug Discovery, Chungbuk National University, Korea, 2016.12.9
Hiroki Mandai*
Development of Extremely Active Nucleophilic Catalyst for Enantioselective
Transformations (Invited Lecture)

第9回有機触媒シンポジウム,名古屋大学ESホール(愛知),2016.12.1-2
◯萬代大樹・藤居一輝・菅 誠治
高活性不斉求核触媒を用いたベンゾフラノン類の不斉Steglich転位反応(ポスター発表)

分子研研究会「若い世代が創る次世代型分子触媒の開発とその展望」,分子科学研究所(愛知),2016.11.11
◯萬代大樹
劇的な反応加速効果と高エナンチオ選択性を実現する不斉求核触媒の開発(招待講演)

2016年日本化学会中国四国支部大会 香川大学 幸町キャンパス 2016.11.5-6
P2-68 稲田智大・塩津辰真・中村成明・森裕樹・西原康師・光藤耕一・菅 誠治
有機半導体材料を指向した七環式チエノフラン誘導体の合成と物性評価(ポスター発表)

第46回 複素環化学討論会,金沢歌劇座(石川),2016.9.26-28
1O-05 ◯藤居一輝・萬代大樹・菅 誠治
高活性な不斉求核触媒を用いたベンゾフラノン類の不斉Steglich転位反応(口頭発表)

第63回有機金属化学討論会 早稲田大学 西早稲田キャンパス 2016.9.14-16
P2-20 〇光藤耕一・田中聖一・礒淵僚太・是永敏伸・菅 誠治
ロジウム触媒を用いた Si–H/C–H 結合切断を経る 脱水素型環化反応によるベンゾシロロチオフェン誘導体の合成(ポスター発表)

第27回基礎有機化学討論会 広島国際会議場 2016.9.1-3
1C10 〇稲田智大・塩津辰真・ 光藤耕一・菅 誠治
ベンゾチエノフラン誘導体の高効率的合成と物性評価(口頭発表)

第32回若手化学者のための化学道場,にぎたつ会館(松山),2016.8.25-26
◯萬代大樹
劇的な反応加速効果と高エナンチオ選択性を示す不斉求核触媒の創製(依頼講演)

日本プロセス化学会サマーシンポジウム,名古屋国際会議場(愛知),2016.7.28-29
1P-48(岡山大院自然)◯萬代大樹,藤居一輝,安原宏,菅誠治
 大量スケール合成に適用可能な高エナンチオ選択的アシル化反応の開発(ポスター発表)

第12回有機電子移動化学若手の会 櫻家(新潟) 2016.06.24-25
◯光藤耕一
有機電子移動化学と有機金属化学を両輪とする有機合成(依頼講演)

第40回有機電子移動化学討論会 新潟大学 中央図書館ライブラリーホール 2016.06.23-24
O16 ◯稲田智大・塩津辰真・中村成明・光藤耕一・菅 誠治
酸性ゼオライトを利用した脱水環化反応を経る新規π拡張チエノフランの効率的合成および電子的特性の評価(口頭発表)

第40回有機電子移動化学討論会 新潟大学 中央図書館ライブラリーホール 2016.06.23-24
P09 ◯平田敬之・藤原郁美・光藤耕一・菅 誠治
電気化学的手法により発生させた有機ジカチオン種のレドックス応答性及び触媒活性評価(ポスター発表)

ECS 229th Annual Meeting, San Diego, USA, 2016.05.29-06.03
#1590 Seiji Suga, Junya Yamamoto, Tomoya Akagi, Masahiro Haisa, Koichi Mitsudo
Stereoselective Nucleophilic Additions to the N-Acyliminium Ions: Elucidation of Stereoselectivity By Spectroscopic Conformational Analysis (oral)

ECS 229th Annual Meeting, San Diego, USA, 2016.05.29-06.03
#1617 Koichi Mitsudo, Natsuyo Kamimoto, Nariaki Nakamura, Akina Tsutsumi, Seiji Suga
Synthesis, Properties, and Theoretical Study of π-Extended Diynes and Their Analogs Bearing Two Amino Moieties (oral)

The 6th German-Japanese Symposium on Electrosynthesis, Kyoto, 2016.04.24
L6 Tomohiro Inada, Koichi Mitsudo, Natsuyo Kamimoto, Nariaki Nakamura, Seiji Suga
Facile Access to π-Extended Thienofurans via Zeolite-Promoted Dehydrative Cyclization and Their Electrochemical Properties (oral)

The 12th International Symposium on Organic Reactions, Kyoto, 2016.04.22-24
IL-2B Seiji Suga, Hiroki Mandai, Kazuki Fujii, Hiroshi Yasuhara, Kenko Abe
Development of Axially Chiral DMAP Derivatives Bearing Hydrogen Bonding Sites (invited lecture)

The 12th International Symposium on Organic Reactions, Kyoto, 2016.04.22-24
SIL-12B Koichi Mitsudo, Natsuyo Kamimoto, Seiji Suga
Synthesis, Properties, and Theoretical Studies of π-Extended Diynes Bearing Two Amino Moieties (short invited lecture)

The 12th International Symposium on Organic Reactions, Kyoto, 2016.04.22-24
P59 Tomohiro Inada, Tatsuma Shiotsu, Nariaki Nakamura, Koichi Mitsudo, Seiji Suga
Synthetic Studies for π-Extended Thienofurans via Zeolite-Promoted Dehydrative Cyclization (poster)

Molecular Chirality Asia 2016, Osaka, 2016.04.20-22
PB-36 Hiroki Mandai, Hiroshi Yasuhara, Kazuki Fujii, Seiji Suga
Enantioselective Desymmetrization of meso-1,2-Diols by Chiral Nucleophilic Catalysts
Containing a 1,1́-Binaphthyl Unit (poster)

Molecular Chirality Asia 2016, Osaka, 2016.04.20-22
PB-37 Kazuki Fujii, Hiroki Mandai, Seiji Suga
Kinetic Resolution of  d,l-1,2-Diols by Chiral Nucleophilic Catalysts Containing a 1,1´-
Binaphthyl Unit (poster)

日本化学会 第96春季年会 同志社大学 京田辺キャンパス 2016.3.24-27
1H2-56 ◯Kazuki Fujii, Hiroki Mandai, Seiji Suga
Enantioselective Acylation of Alcohols with Highly Active Chiral Nucleophilic Catalysts (oral presentation)

日本化学会 第96春季年会 同志社大学 京田辺キャンパス 2016.3.24-27
1H2-58 ◯安原 宏・藤居一輝・萬代大樹・菅 誠治
高活性な不斉求核触媒を用いるメソ-1,2-ジオールのエナンチオ選択的非対称化反応 (口頭発表)

日本化学会 第96春季年会 同志社大学 京田辺キャンパス 2016.3.24-27
1H6-51 ◯Kyoko Mandai, Shuji Matsumoto, Jun Takada, Seiji Suga
Oxidative Coupling of Aromatic Compounds using Bacteriogenic Amorphous Iron Oxide (oral presentation)

日本化学会 第96春季年会 同志社大学 京田辺キャンパス 2016.3.24-27
1H6-48 ◯光藤耕一・神本奈津代・山崎新・佐藤秀彦・菅誠治
エテン架橋ターチオフェンの効率的合成とその電気化学的挙動(口頭発表)

日本化学会 第96春季年会 同志社大学 京田辺キャンパス 2016.3.24-27
1H6-49 ◯稲田智大・塩津辰真・中村成明・光藤耕一・菅誠治
ゼオライトを用いた脱水環化を経る新規π拡張チエノフランの合成と電気化学的特性の評価(口頭発表)

日本化学会 第96春季年会 同志社大学 京田辺キャンパス 2016.3.24-27
3H7-08 ◯田中聖一・礒淵僚太・光藤耕一・是永敏伸・菅誠治
脱水素シリル化反応によるベンゾシロロチオフェン誘導体の合成(口頭発表)

「有機分子触媒による未来型変換」第6回公開シンポジウム 大阪科学技術センター 2016.1.22-23
PS5 ◯萬代 大樹・藤居 一輝・安原 宏・是永 敏伸・菅 誠治
高活性不斉求核触媒を用いるアルコール類のエナンチオ選択的アシル化反応(ポスター発表)

CATALYSIS at Okayama University 2016.1.9
3 ◯Hiroki Mandai
Development of Highly Active Nucleophilic Catalyst for Acyl Transfer reactions (口頭発表)

2015年学会発表

Pacifichem, Hawaii Convention Center, Honolulu, Hawaii, USA 2015.12.15-20
2259 ◯Kazuki Fujii, Hiroki Mandai, Toshinobu Korenaga, Seiji Suga
Enantioselective Steglich rearrangement of oxindole derivatives and kinetic resolution of secondary alcohols by chiral nucleophilic catalyst containing a 1,1′-binaphthyl unit (poster presentation)

Pacifichem, Hawaii Convention Center, Honolulu, Hawaii, USA 2015.12.15-20
2256 ◯Hiroki Mandai, Hiroshi Yasuhara, Kazuki Fujii, Seiji Suga
Enantioselective desymmetrization of meso 1,2-diols by chiral nucleophilic catalyst containing a 1,1′-binaphthyl unit (poster presentation)

Pacifichem, Hawaii Convention Center, Honolulu, Hawaii, USA 2015.12.15-20
113 ◯Kyoko Mandai, Takehiro Fukuda, Yuki Miyazaki, Namie Hanata, Hiroki Mandai, Hideki Hashimoto, Tadashi Ema, Jun Takada, Seiji Suga
Various applications of bacteriogenic iron oxide in a tube reactor and other systems for organic synthesis (poster presentation)

第45回複素環化学討論会 早稲田大学 2015.11.19-21
2O-07 ◯萬代 大樹・藤居 一輝・安原 宏・是永 敏伸・菅 誠治
高活性不斉求核触媒を用いるアルコール類のエナンチオ選択的アシル化反応(口頭発表)

第45回複素環化学討論会 早稲田大学 2015.11.19-21
2P-15 ◯神本 奈津代・Dieter Schollmeyer・光藤 耕一 ・ 菅 誠治 ・Siegfried R. Waldvogel
Pd 触媒を用いたドミノ型 C-H/N-H 官能基化による窒素架橋チエノアセン類の合成(ポスター発表)

日本化学会中国四国支部大会 岡山大学 2015.11.14-15
15EA01 ◯藤居一輝・萬代大樹・是永敏伸・菅 誠治
高活性な不斉求核触媒を用いるオキシインドール類のSteglich転位反応 (口頭発表)

日本化学会中国四国支部大会 岡山大学 2015.11.14-15
14EA01 ◯萬代恭子・宮崎祐樹・福田剛大・依馬 正・花田弥奈恵・橋本英樹・萬代大樹・高田 潤・菅 誠治
微生物が作り出す非晶質酸化鉄を利用した有機合成反応(口頭発表,若手特別講演)

第5回CSJ化学フェスタ タワーホール船堀  2015.10.13-15
P5-033 ◯藤居一輝・萬代大樹・是永敏伸・菅 誠治
高活性な不斉求核触媒を用いるオキシインドール類のSteglich転位反応 (ポスター発表)

第26回基礎有機化学討論会 愛媛大学・松山大学 2015.9.24-26
2P131 ○田中聖一・光藤耕一・菅 誠治
脱水素シリル化反応によるベンゾシロロチオフェン誘導体の合成および物性評価(ポスター発表)

第62回有機金属化学討論会 関西大学 2015.9.7-9
P2-29 ○神本 奈津代・ショールマイヤー ディーター・光藤 耕一・菅 誠治・ヴァルトフォーゲル ジークフリード R.
Pd触媒を用いたドミノC-H/N-H官能基化による窒素架橋チエノアセンの合成(ポスター発表)

第62回有機金属化学討論会 関西大学 2015.9.7-9
P2-50 ○礒淵 僚太・田中 聖一・光藤 耕一・菅 誠治
イリジウム触媒を用いたSi-H/C-H結合切断を伴う脱水素型環化反応によるジチエノシロール誘導体の合成(ポスター発表)

第62回有機金属化学討論会 関西大学 2015.9.7-9
P3-67 ○光藤 耕一。佐藤 秀彦・山崎 新・後藤 淳・菅 誠治
ジブロモターチオフェンの二重薗頭クロスカップリングと続く二重環化反応によるエテン架橋ターチオフェンの合成(ポスター発表)

第39回内藤コンファレンス 有機分子触媒の化学 シャトレーゼ ガトーキングダム サッポロ(北海道) 2015.07.6-9
PS-09 Hiroki MANDAI, Kazuki Fujii, Toshinobu Korenaga, Seiji Suga
Enantioselective Steglich Rearrangement of Oxindoles by a Chiral DMAP Derivative
Containing a 1,1́-Binaphthyl Unit : Hydrogen Bonding Strongly Affects Activity and Selectivity(poster presentation)

18th IUPAC International Symposium on Organometallic Chemistry Directed Towards Organic Synthesis, Sitges, Spain, 2015.06.28-07.2
P300 Koichi Mitsudo, Hidehiko Sato, Jun Goto, Arata Yamasaki, Seiji Suga
Synthesis of ethene-bridged terthiophenes via double Sonogashira cross-coupling and sequential cyclization (poster presentation)

岡山大学と慶應義塾大学の若手交流シンポジウム -化学と生物学の融合を目指して- 慶應義塾大学矢上キャンパス 厚生棟大会議室 2015.06.26
◯萬代大樹
極めて高活性な不斉求核触媒の開発と触媒反応への展開(招待講演)

第39回有機電子移動化学討論会 長崎大学(文教スカイホール) 2015.06.25-26
O12 ○神本奈津代・光藤耕一・菅 誠治
π拡張した新規デヒドロベンゾ[18]アヌレンの合成および物性評価(口頭発表)

第39回有機電子移動化学討論会 長崎大学(文教スカイホール) 2015.06.25-26
P5 ○光藤耕一・佐藤秀彦・山崎 新・神本奈津代・後藤 淳・菅 誠治(ポスター発表)
エテン架橋トリチオフェンの合成と電気化学的物性評価(ポスター発表)

第39回有機電子移動化学討論会 長崎大学(文教スカイホール) 2015.06.25-26
P6 ○田中聖一・礒淵僚太・光藤耕一・菅 誠治
脱水素型環化反応によるシロール誘導体の直接的合成および物性評価(ポスター発表)

第8回 有機触媒シンポジウム兼「有機分子触媒による未来型分子変換」第5回公開シンポジウム 沖縄県市町村自治会館・自治会館ホール 2015.05.10-11
PS 4 ◯萬代大樹・藤居一輝・菅 誠治
水素結合性置換基をもつ不斉求核触媒を用いる第二級アルコールの速度論的光学分割反応(ポスター発表)

第8回 有機触媒シンポジウム兼「有機分子触媒による未来型分子変換」第5回公開シンポジウム 沖縄県市町村自治会館・自治会館ホール 2015.05.10-11
IL-6 菅 誠治
水素結合性極性基を有する不斉求核触媒の開発(依頼講演)

日本化学会第95春季年会 日本大学船橋キャンパス 2015.03.26-29
1D6-46 ○村上孝志・光藤耕一・菅誠治
連続的Friedel-Crafts アシル化反応によるアントラジチオフェンジオンの合成とその電気化学的性質(口頭発表)

日本化学会第95春季年会 日本大学船橋キャンパス 2015.03.26-29
2D6-18 ○藤原郁美・栗原悠輔・光藤耕一・菅誠治
電子移動反応により発生させた有機ジカチオン種の触媒活性(口頭発表)

日本化学会第95春季年会 日本大学船橋キャンパス 2015.03.26-29
2E3-57 ○藤原卓真・野田克哲・萬代大樹・是永敏伸・菅誠治
オキシインドール類の不斉Steglich転位反応(1): Ugi反応によりワンポットで合成可能な不斉求核触媒(口頭発表)

日本化学会第95春季年会 日本大学船橋キャンパス 2015.03.26-29
2E3-58 ○藤居一輝・萬代大樹・是永敏伸・菅誠治
オキシインドール類の不斉Steglich転位反応(2): ビナフチル骨格を有する不斉求核触媒(口頭発表)

日本化学会第95春季年会 日本大学船橋キャンパス 2015.03.26-29
1E5-15 ○礒淵僚太・光藤耕一・菅誠治
イリジウム触媒を用いた脱水素環化反応によるジチエノシロール誘導体の直接的合成(口頭発表)

日本化学会第95春季年会 日本大学船橋キャンパス 2015.03.26-29
3E6-31 佐藤秀彦・磯淵僚太○光藤耕一・菅誠治
ケイ素架橋π拡張ベンゾジチオフェン誘導体の合成と物性評価(口頭発表)

電気化学会第82回大会 横浜国立大学 2015.03.15-17
1G29 ◯菅 誠治,光藤 耕一,礒淵 僚太,田中 聖一
ジチエノシロール誘導体の効率的合成法および電気化学的挙動(口頭発表)

2015 BK21 Plus Symposium on HRD Center for Creative Convergence Chemical Science & The 2nd SKKU-OU Joint Symposium on Advanced Chemistry, Vivaldi Park, Hongcheon-gun, Gangwon-do, Korea, 2015.02.12-13
OP-09 Takashi Murakami, Koichi Mitsudo,* Seiji Suga*
Synthesis of Anthradithiophenedione by a Double Friedel–Crafts Acylation and Their Electrochemical Peoperties (oral)

2014年学会発表

JSPS Bilateral Joint Research Seminar, Interdisciplinary Seminar for
Innovative Organic Chemistry, Institut de Science et d’Ingénierie Supramoléculaires (I.S.I.S.), The University of Strasbourg, 2014.12.1-3

Hiroki Mandai*
“Development of Chiral Nucleophilic Catalysts” (oral presentation)

JSPS Bilateral Joint Research Seminar, Interdisciplinary Seminar for
Innovative Organic Chemistry, Institut de Science et d’Ingénierie Supramoléculaires (I.S.I.S.), The University of Strasbourg, 2014.12.1-3

Seiji Suga*
“Electrochemically Generated Carbocations for Stereoselective Synthesis and Catalytic Reactions” (oral presentation)

JSPS Bilateral Joint Research Seminar, Interdisciplinary Seminar for
Innovative Organic Chemistry, Institut de Science et d’Ingénierie Supramoléculaires (I.S.I.S.), The University of Strasbourg, 2014.12.1-3

P2 (aOkayama university, bIwate University)◯Kazuki Fujii,a Hiroki Mandai,*a Toshinobu Korenaga,b Seiji Suga*a
“Enantioselective Steglich Rearrangement of Oxindole by a Chiral DMAP Derivatives: Hydrogen Bonding Strongly Affects Activity and Selectivity” (poster)

JSPS Bilateral Joint Research Seminar, Interdisciplinary Seminar for
Innovative Organic Chemistry, Institut de Science et d’Ingénierie Supramoléculaires (I.S.I.S.), The University of Strasbourg, 2014.12.1-3

P4 ◯Kengo Goto, Hiroki Mandai*, Seiji Suga*
“Kinetic Resolution of Amines by the Asymmetric Counteranion-Directed Catalysis” (poster)

Advanced Molecular Transformations by Organocatalysts 2nd International Conference & 7th Symposium on Organocatalysis, Ito Hall (The University of Tokyo), 2014.11.21-22
PS13 ◯Hiroki Mandai,* Kazuki Fujii, Toshinobu Korenaga, Seiji Suga*
“Enantioselective Steglich Rearrangement of Oxindole Derivatives using New High-performance Chiral Nucleophilic Catalysts” (poster)

ISIS-9, Awaji, Japan, 2014.11.14-11.15
The 9th International Symposium on Integrated Synthesis
P35 Natsuyo Kamimoto, Koichi Mitsudo, Seiji Suga*
Synthesis of π-Extended Dehydrobenzoannulenes Bearing Thiophenes and Their Physical Properties (poster)

ISIS-9, Awaji, Japan, 2014.11.14-11.15
The 9th International Symposium on Integrated Synthesis
P36 Koichi Mitsudo,* Natsuyo Kamimoto, Nariaki Nakamura, Akina Tsutsumi, Seiji Suga*
Integrated Synthesis of Bis(diaryl)butadiynes Bearing Two Amino Moieties by Sequential Coupling Reactions and Their Solvatochromic Fluorescence (poster)

GJSE2014, Mainz, Germany, 2014.9.22-24
The 5th German-Japanese Symposium on Electrosynthesis
Koichi Mitsudo , Jyunji Harada, Yo Tanaka, Ryo Shibahara, Seiji Suga
“Synthesis and Electrochemical Behavior of p-Extended Hexa(2-thienyl)benzenes”

第44回複素環化学討論会 札幌市民ホール 2014.09.10-12
2O-05(1岡山大院自然・2岩手大工)◯藤居一輝1・萬代大樹1・是永敏伸2・菅 誠治1
「高機能不斉求核触媒を用いたオキシインドール類の不斉Steglich 転位反応」(口頭発表)

第25回基礎有機化学討論会 東北大学川内キャンパス 2014.9.7-9
2P-034○光藤耕一・中村成明・神本奈津代・菅誠治
「連続的カップリング反応による両端にアミノ基を有するビス(ジアリール)ブタジインの合成とその蛍光ソルバトクロミズム特性」(ポスター)

若手化学者のための化学道場 下電ホテル 2014.08.29-30
P20○柴原 涼・田中 陽・原田 淳司・光藤 耕一・菅 誠治
「ヘキサ-2-チエニルベンゼン誘導体の合成および物性」(ポスター)

若手化学者のための化学道場 下電ホテル 2014.08.29-30
P22◯藤原卓真・野田克哲・萬代大樹・菅 誠治
「Ugi反応によりワンポットで合成可能な不斉求核触媒を用いたオキシインドール類の不斉Steglich反応」(ポスター)

若手化学者のための化学道場 下電ホテル 2014.08.29-30
P21○栗原悠輔・藤原郁美・岡村勇哉・光藤耕一・菅 誠治
「電解法により発生させた有機ジカチオンおよびモノカチオンの触媒活性とレドックス応答性」(ポスター)

若手化学者のための化学道場 下電ホテル 2014.08.29-30
P23○山本純也・赤木智也・山下圧広・光藤耕一・菅 誠治
「インダイレクトカチオンプール法を用いた二置換ピぺリジン誘導体の立体選択的合成」(ポスター)

若手化学者のための化学道場 下電ホテル 2014.08.29-30
P23◯下脇圭太・萬代大樹・菅 誠治
「求核触媒と共触媒の相乗効果を利用する分子内Morita-Baylis-Hillman反応の高速化」(ポスター)

ICOMC2014, Royton Sapporo, Sapporo, 2014.7.13-18
XXVI International Conference on Organometallic Chemistry
Koichi Mitsudo,* Jyunji Harada, Yo Tanaka, and Seiji Suga*
“Integrated Synthesis of π-Extended Hexa(2-furyl)benzenes by Rh-Catalyzed Cyclotrimerization and the Following Suzuki–Miyaura Coupling” (poster)

第38回有機電子移動化学討論会 長良川国際会議場 2014.06.26-27
O10○光藤耕一・田中陽・柴原涼・菅誠治
「高度にπ拡張されたヘキサ-2-チエニルベンゼンの合成と電気化学的特性」(口頭)

第38回有機電子移動化学討論会 長良川国際会議場 2014.06.26-27
P14○山本純也・赤木智也・山下圧広・光藤耕一・菅誠治
「インダイレクトカチオンプール法を用いた二置換ピペリジン誘導体の立体選択的合成」(ポスター)

第38回有機電子移動化学討論会 長良川国際会議場 2014.06.26-27
P15○栗原悠輔・藤原郁美・岡村勇哉・光藤耕一・菅 誠治
「電解法により発生させた有機ジカチオンおよびモノカチオンの触媒活性とレドックス応答性」(ポスター)

「有機分子触媒による未来型分子変換」第4回公開シンポジウム(分子活性化 – 有機分子触媒合同シンポジウム) 北海道大学 2014.06.20-21
◯下脇圭太・萬代大樹・菅 誠治
「求核触媒と共触媒の相乗効果を利用する分子内Morita-Baylis-Hillman反応の高速化」(ポスター)

「有機分子触媒による未来型分子変換」第4回公開シンポジウム(分子活性化 – 有機分子触媒合同シンポジウム) 北海道大学 2014.06.20-21
◯藤原卓真・野田克哲・萬代大樹・菅 誠治
「Ugi反応によりワンポットで合成可能な不斉求核触媒を用いたオキシインドール類の不斉Steglich反応」(ポスター)

ECS 225th Annual Meeting, Orlando, USA, 2014.05.11-15
#818 S. Suga, Y. Takasuka, Y. Onishi, Y. Okamura, I. Fujiwara, Y. Kurihara, M. Kawakami, and K. Mitsudo
“Development of Redox-Switchable Organocatalysts” (oral)

ECS 225th Annual Meeting, Orlando, USA, 2014.05.11-15
#839 N. Kamimoto, N. Nakamura, K. Mitsudo, S. Suga
“Site-Selective Sequential Coupling Reactions Controlled By “Electrochemical Reaction Site Switching”: A Straightforward Approach to 1,4-Bis(diaryl)Buta-1,3-Diynes” (oral)

ECS 225th Annual Meeting, Orlando, USA, 2014.05.11-15
#839 K. Mitsudo, N. Kamimoto, N. Nakamura, S. Suga
“Synthesis of 1,4-Bis(diaryl)-1,3-Butadiynes Bearing Two Amino Moieties by Electrochemical Reaction Site Switching and Their Solvatochromic Fluorescence” (oral)

日本化学会第94春季年会 名古屋大学東山キャンパス 2014.03.27-30
3B6-05 ◯下脇圭太・明日 卓・萬代大樹・菅 誠治
「求核触媒と共触媒の相乗効果を利用する分子内Morita-Baylis-Hillman反応の高速化」(口頭発表)

日本化学会第94春季年会 名古屋大学東山キャンパス 2014.03.27-30
1B2-18○赤木智也・光藤耕一・菅誠治
「インダイレクトカチオンプール法を用いたピペリジン誘導体の立体選択的合成」(口頭)

日本化学会第94春季年会 名古屋大学東山キャンパス 2014.03.27-30
2B2-13○藤原郁美・高須賀悠貴・大西由起・岡村勇哉・栗原悠輔・光藤耕一・菅誠治
「電気化学的手法を用いた新規有機ジカチオンの創製と触媒反応」(口頭)

日本化学会第94春季年会 名古屋大学東山キャンパス 2014.03.27-30
2B2-17○神本奈津代・光藤耕一・菅誠治
「チオフェンによりπ拡張したデヒドロ[18]アヌレンの合成と物性評価」(口頭)

日本化学会第94春季年会 名古屋大学東山キャンパス 2014.03.27-30
1B7- 40○萬代恭子・花田弥奈恵・光藤耕一・萬代大樹・橋本英樹・高田潤・菅誠治
「バイオジナス酸化鉄を用いた酸素分子によるBaeyer-Villiger反応」(口頭)