2017年学会発表

第47回複素環化学討論会,高知県立県民文化ホール(高知)
2017年10月28日
3O-15 エナンチオ選択的なアシル化によるmeso-1,2-ジオール類の非対称化反応
(岡山大院自然) ◯萬代大樹・安原 宏・藤居一輝・下村征史・菅 誠治 (口頭発表)
 
第47回複素環化学討論会,高知県立県民文化ホール(高知)
2017年10月26日
2P-51 光学活性DMAP誘導体を用いるアズラクトンの動的速度論的光学分割反応の開発
(岡山大院自然)  ◯本郷晃平・萬代大樹・菅 誠治 (ポスター発表)
*Chemistry Letters賞受賞
 
 
日本プロセス化学会2017サマーシンポジウム,大阪国際交流センター(大阪)
2017年8月4日
2P-05 ベンゾフラノン類のエナンチオ選択的 Steglich 型転位反応の開発
(岡山大院自然) ◯藤居一輝,萬代大樹,菅 誠治(ポスター発表)
 

日本プロセス化学会2017サマーシンポジウム,大阪国際交流センター(大阪)
2017年8月3日
1P-16 ジオール類のエナンチオ選択的モノアシル化反応の開発
(岡山大院自然) ◯萬代大樹,安原宏,藤居一輝,下村征史,菅 誠治(ポスター発表)
 

2017年電気化学会秋季大会 長崎大学文教地区キャンパス 2017.9.10-11
1B30 ○光藤耕一,田中聖一,礒淵僚太,菅 誠治
高度にπ拡張されたベンゾシロロチオフェン誘導体の効率的合成及びその電気化学的特性(口頭発表)

第28回基礎有機化学討論会 九州大学伊都キャンパス 2017.9.7-9
2P101 ○栗本悠司・光藤耕一・菅誠治
エーテル合成および脱水素環化を経るベンゾジチエノフラン誘導体の合成と物性評価(ポスター発表)

International Symposium on JST ACT-C Project, Okayama University,  2017.7.28
L-3 Koichi Mitsudo
Facile Syntheses of Heterothienoacenes and Their Properties (oral)

International Symposium on JST ACT-C Project, Okayama University,  2017.7.28
PS-7 Takuya Asada, Tomohiro Inada, Koichi Mitsudo, and Seiji Suga
Fe/Cu-Cocatalyzed Etherification for the Synthesis of 3-Benzo[b]thienyl Ethers and Their Transformation to Benzothienofurans (poster)

International Symposium on JST ACT-C Project, Okayama University,  2017.7.28
PS-8 Yumi Hosogi, Koichi Mitsudo, and Seiji Suga
Pd-Catalyzed Cyclization for the Synthesis of Dithienofuran Derivatives (poster)

International Symposium on JST ACT-C Project, Okayama University,  2017.7.28
PS-9 Yoshiaki Kobashi, Tomohiro Inada, Yuji Kurimoto, Koichi Mitsudo, and Seiji Suga
Dehydrative or Dehydrogenative Cyclization Leading to Benzothienofurans (poster)

International Symposium on JST ACT-C Project, Okayama University,  2017.7.28
PS-10 Yuji Kurimoto, Koichi Mitsudo, and Seiji Suga
Synthesis and Properties of Benzodithienofuran and Its π-Extended Derivatives (poster)

International Symposium on JST ACT-C Project, Okayama University,  2017.7.28
PS-11 Ren Matsuo, Natsuyo Kamimoto, Koichi Mitsudo, and Seiji Suga
Synthesis of Butadiynes by Electro-oxidative Coupling Reactions (poster)

19th IUPAC International Symposium on Organometallic Chemistry Directed Towards Organic Synthesis (OMCOS19), Jeju, Korea, 2017.6.25-29
P2-89 Koichi Mitsudo, Seiichi Tanaka, and Seiji Suga
Rh-Catalyzed Dehydrogenative Cyclization Leading to Benzosilolothiophene Derivatives (poster)

第41回有機電子移動化学討論会 北海道大学 2017.6.22-23
1O08 ○栗本悠司・光藤耕一・菅誠治
エーテル合成および脱水素環化反応を経るヘテロ環が縮環したチエノフラン誘導体の合成(口頭発表)
※優秀講演賞受賞

第41回有機電子移動化学討論会 北海道大学 2017.6.22-23
P09 ○浅田拓哉・稲田智大・光藤耕一・菅誠治
鉄・銅共触媒によるエーテル化反応を経るチエノベンゾフランの効率的合成と電気化学的性質(ポスター発表)

第41回有機電子移動化学討論会 北海道大学 2017.6.22-23
P16 ○吉岡和紀・灰佐将弘・光藤耕一・菅誠治
インダイレクトカチオンプール法を応用したピペリジン誘導体の不斉合成(ポスター発表)
※優秀ポスター賞受賞

International Symposium on Pure & Applied Chemistry 2017 (ISPAC2017), Ho Chi Minh City, Vietnam, 2017.6.8-10
ORG54 Hiroki Mandai
Development of Extremely Active Nucleophilic Catalysts for Enantioselective Transformations (invited lecture)

International Symposium on Pure & Applied Chemistry 2017 (ISPAC2017), Ho Chi Minh City, Vietnam, 2017.6.8-10
ORG55 Koichi Mitsudo
Efficient Synthesis of π-Extended Ladder-type Thiophene Derivatives (invited lecture)

第7回有機分子構築法 夏の勉強会 兵庫県立淡路夢舞台国際会議場,2017.5.14-15
◯萬代大樹
エナンチオ選択的ジオール類の非対称化反応(口頭発表)

日本化学会 第97春季年会 慶應大学 日吉キャンパス 2017.3.16-19
Asian International Symposium-Organic and Green Chemistry-
3D3-29 Hiroki Mandai*
Development of Extremely Active Nucleophilic Catalyst for Enantioselective Transformations (invited lecture)

日本化学会 第97春季年会 慶應大学 日吉キャンパス 2017.3.16-19
若い世代の特別講演会
1E5-28 ◯萬代大樹
効率的かつ劇的な反応加速効果をもたらす有機分子触媒システムの開発
※受賞講演

日本化学会 第97春季年会 慶應大学 日吉キャンパス 2017.3.16-19
1S1-05 ○光藤耕一
有機電解と有機金属の協奏的レドックス化学に基づく分子構築(特別企画講演)

日本化学会 第97春季年会 慶應大学 日吉キャンパス 2017.3.16-19
1E5-32 ○FUJII, Kazuki; MANDAI, Hiroki; SUGA, Seiji
Enantioselective Steglich rearrangement of benzofuranone derivatives with highly active chiral nucleophilic catalysts (oral)

日本化学会 第97春季年会 慶應大学 日吉キャンパス 2017.3.16-19
1F2-37 ○栗本悠司・光藤耕一・菅誠治
SNAr 反応によるエーテル合成および脱水素環化反応を経るジチエノフラン誘導体の合成(口頭発表)

日本化学会 第97春季年会 慶應大学 日吉キャンパス 2017.3.16-19
2F5-09 ○平田敬之・栗原悠輔・光藤耕一・菅誠治
レドックス応答型有機触媒を用いた反応制御(口頭発表)

日本化学会 第97春季年会 慶應大学 日吉キャンパス 2017.3.16-19
3F5-05 ○灰佐将弘・光藤耕一・菅誠治
インダイレクトカチオンプール法を応用したピペリジン誘導体の不斉合成(口頭発表)

日本化学会 第97春季年会 慶應大学 日吉キャンパス 2017.3.16-19
3E8-13 ○本郷晃平・下脇圭太・萬代大樹・菅誠治
N,N-4-ジメチルアミノピリジンN-オキシド(DMAPO)をプロモーターとするβ-ラクトンの新規合成法(口頭発表)

第3回 新学術領域研究「中分⼦戦略」若⼿シンポジウム 聖護院 御殿荘(京都) 2017.3.7-8
高活性な光学活性DMAP誘導体を用いるd,l-1,2-ジオールの速度論的光学分割反応
◯萬代大樹(口頭発表)