学 会 発 表


(2017年)

依馬 正
協同的多重相互作用で駆動する分子触媒
岐阜大学工学部
2017.9.19(岐阜)

前田千尋,田中祐美,高石和人,依馬 正
ベンゾ拡張したカルバゾールポルフィリンの合成
第28回基礎有機化学討論会, 講演番号1P009
2017.9.7(福岡)

高石和人,樋出早紀子,山本崇博,前田千尋,依馬 正
らせん状およびV字型ナフタレン八量体の合成と光学特性
第28回基礎有機化学討論会, 講演番号1P081
2017.9.7(福岡)

前田千尋,永幡敬治,高石和人,依馬 正
カルバゾール骨格を有するBODIPYの固体エキシマー発光
第28回基礎有機化学討論会, 講演番号1P087
2017.9.7(福岡)

高石和人,竹花諒介,前田千尋,依馬 正
発光団を持つキラルナフタレン四量体の合成と円偏光発光特性の評価
第28回基礎有機化学討論会, 講演番号1P093
2017.9.7(福岡)

小野真一,南條喜子,前田千尋,高石和人,依馬 正
微量のNHC触媒を用いる無溶媒benzoin反応とStetter反応
第28回基礎有機化学討論会, 講演番号2P104
2017.9.8(福岡)

前田千尋
カルバゾールを含む新規π共役系化合物の合成~近赤外吸収と固体発光特性~
第33回若手化学者のための化学道場
2017.9.1(鳥取)

前田千尋,田中祐美,高石和人,依馬 正
ベンゾ拡張したカルバゾールポルフィリンの合成と性質
第33回若手化学者のための化学道場, 講演番号P23
2017.9.1(鳥取)

前田千尋,永幡敬治,高石和人,依馬 正
ホウ素上に種々の置換基を導入した含カルバゾールBODIPYの合成と固体発光特性
第33回若手化学者のための化学道場, 講演番号P29
2017.9.1(鳥取)

高石和人,竹花諒介,前田千尋,依馬 正
螺旋型エキシマーCPL色素の合成と発光特性の評価
第33回若手化学者のための化学道場, 講演番号P30
2017.9.1(鳥取)

Kazuto Takaishi, Sakiko Hinoide, Takahiro Yamamoto, Chihiro Maeda, Tadashi Ema
Synthesis and Chiroptical Properties of Helical Bridged-Naphthalenes
Chirality 2017,講演番号P-030
2017.7.11 (東京)

Kazuto Takaishi, Makoto Yasui, Chihiro Maeda, Tadashi Ema
Conformational and Chiroptical Properties of Binaphthyl-Bipyridyl Cyclic Dyads
Chirality 2017,講演番号P-033
2017.7.10 (東京)

前田千尋,戸高 匠,上田知美,永幡敬治,高石和人,依馬 正
カルバゾール骨格を有するBODIPYの合成と固体発光特性
第111回有機合成シンポジウム,講演番号2-1
2017.6.9(岡山)

前田千尋,永幡敬治,戸高 匠,高石和人,依馬 正
カルバゾール骨格を組み込んだBODIPYの光物性に及ぼす置換基効果
第111回有機合成シンポジウム,講演番号P-27
2017.6.8(岡山)

高石和人,樋出早紀子,山本崇博,前田千尋,依馬 正
架橋型キラルナフタレン八量体の合成
第111回有機合成シンポジウム,講演番号P-33
2017.6.8(岡山)

高石和人,竹花諒介,前田千尋,依馬 正
ピレン螺旋配列体の合成
第111回有機合成シンポジウム,講演番号P-38
2017.6.8(岡山)

前田千尋,永幡敬治,高石和人,依馬 正
含カルバゾールBODIPYの固体発光に及ぼす置換基効果
第15回ホスト-ゲスト・超分子化学シンポジウム,講演番号1P-15
2017.6.3(草津)

高石和人,樋出早紀子,山本崇博,前田千尋,依馬 正
架橋型キラルナフタレンオリゴマーの立体構造と光学特性
第15回ホスト-ゲスト・超分子化学シンポジウム,講演番号2P-40
2017.6.4(草津)

前田千尋,田中祐美,高石和人,依馬 正
共役系を拡張したカルバゾールポルフィリンの合成
第15回ホスト-ゲスト・超分子化学シンポジウム,講演番号2P-63
2017.6.4(草津)

依馬 正
協同効果を意識した分子認識と触媒の化学
大阪府立大学工学域物質化学系学類 応用化学セミナー
2017.5.26(大阪)

Chihiro Maeda, Sota Sasaki, Tadashi Ema
Electronic Tuning of Zinc Porphyrin Catalysts for the Conversion of Epoxides and CO2 into Cyclic Carbonates
2nd International Symposium on Precisely Designed Catalysts with Customized Scaffolding, 講演番号P-37
2017.5.12(大阪)

白鳥 翔,南條喜子,前田千尋,高石和人,依馬 正
微量のNHC有機触媒を用いる無溶媒ベンゾイン反応とStetter反応
日本化学会第97春季年会,講演番号3F2-04
2017.3.18(横浜)

高石和人,樋出早紀子,山本崇博,井澤拓己,前田千尋,依馬 正
架橋型ナフタレンオリゴマーの合成とキロプティカル特性
日本化学会第97春季年会,講演番号3F6-55
2017.3.18(横浜)

高石和人,安居 誠,前田千尋,依馬 正
軸性キラルなビナフチル-ビピリジル環状体の立体構造とキロプティカル特性
日本化学会第97春季年会,講演番号3F6-56
2017.3.18(横浜)

高石和人,竹花諒介,前田千尋,依馬 正
発色団の螺旋配列の制御と円偏光発光特性の評価
日本化学会第97春季年会,講演番号3F6-57
2017.3.18(横浜)

前田千尋,戸高 匠,上田知美,高石和人,依馬 正
含カルバゾールBODIPY二量体の合成と性質
日本化学会第97春季年会,講演番号4F6-08
2017.3.19(横浜)

前田千尋,永幡敬治,戸高 匠,高石和人,依馬 正
含カルバゾールBODIPYの光物性に及ぼす置換基効果
日本化学会第97春季年会,講演番号4F6-10
2017.3.19(横浜)

(2016年)

吉田和典, 小池田 聡, 依馬 正
Burkholderia cepacia lipase (BCL)三重変異体の創製とその耐熱性・耐酸性・有機溶媒耐性
第18回生体触媒化学シンポジウム, 講演番号OP-11
2016.12.22(東京)

高石和人, 竹花諒介, 前田千尋, 依馬 正
ピレン螺旋配列体の合成と円偏光発光特性の評価
第10回有機π電子系シンポジウム, 講演番号PB02
2016.12.16 (京都)

Tadashi Ema
Rationally Designed Lipases for Organic Synthesis
2016 China-Japan Symposium on Biocatalysis and Biotransformation
2016.12.10 (Hangzhou, China)

依馬 正
有機合成を基軸とする機能分子化学:高度な分子認識と触媒をめざして
田岡化学工業
2016.11.25(大阪)

高石和人, 安居 誠, 前田千尋, 依馬 正
ビナフチル−ビピリジル環状体の構造とキロプティカル特性のpHスイッチング
第6回CSJ化学フェスタ2016, 講演番号P9-039
2016.11.16(東京)

高石和人, 竹花諒介, 前田千尋, 依馬 正
キラルナフタレンオリゴマー骨格を利用した蛍光団らせん配列体の合成と光学挙動の評価
第6回CSJ化学フェスタ2016, 講演番号P9-041
2016.11.16(東京)

前田千尋, 佐々木壯太, 下西準太, 高石和人, 依馬 正
二酸化炭素固定化のための二官能ポルフィリン触媒の開発
第6回CSJ化学フェスタ2016, 講演番号P9-048
2016.11.16(東京)

南條喜子, 寺尾雄太, 木村 涼, 前田千尋, 高石和人, 依馬 正
微量のNHCを用いる無溶媒有機触媒反応
第110回有機合成シンポジウム,講演番号P-4
2016.11.11(東京)

高石和人
シソイド構造が連続したキラルナフタレンオリゴマーの合成と光学特性
2016年日本化学会中国四国支部大会,講演番号2J04
2016.11.6(高松)

高石和人, 竹花諒介, 前田千尋, 依馬 正
亜鉛ポルフィリンらせん配列体の合成とキロプティカル特性の評価
2016年日本化学会中国四国支部大会,講演番号1P41
2016.11.5(高松)

南條喜子, 寺尾雄太, 木村 涼, 前田千尋, 高石和人, 依馬 正
NHC有機触媒を用いた無溶媒条件下での反応
2016年日本化学会中国四国支部大会,講演番号1P58
2016.11.5(高松)

吉田和典, 小池田 聡, 依馬 正
Burkholderia cepacia lipase (BCL)の耐熱変異体の創成
第10回バイオ関連化学シンポジウム,講演番号2P-041
2016.9.8(金沢)

依馬 正, 横山真希, 渡部沙葵梨, 前田千尋, 高石和人, 南 豪, Akdeniz Ali, Pavel Anzenbacher, Jr.
蛍光性大環状化合物の合成と不斉認識
第10回バイオ関連化学シンポジウム,講演番号2P-010
2016.9.8(金沢)

前田千尋, 下西準太, 小川加奈恵, 高石和人, 依馬 正
二酸化炭素固定化反応のための二官能性ポルフィリン触媒
第33回有機合成化学セミナー,講演番号P-27
2016.9.6(ニセコ)

南條喜子, 寺尾雄太, 木村 涼, 前田千尋, 高石和人, 依馬 正
無溶媒条件下における高効率なNHC有機触媒反応
第27回基礎有機化学討論会,講演番号2P155
2016.9.2(広島)

前田千尋, 戸高 匠, 上田知美, 高石和人, 依馬 正
カルバゾール骨格を組み込んだBODIPYの固体発光特性
第27回基礎有機化学討論会,講演番号2P093
2016.9.2(広島)

高石和人, 山本崇博, 林 京平, 井澤拓己, 前田千尋, 依馬 正
光学活性オリゴナフトジオキセピンの合成とキロプティカル特性
第27回基礎有機化学討論会,講演番号1P011
2016.9.1(広島)

依馬 正, 横山真希, 渡部沙葵梨, 前田千尋, 高石和人, 南 豪, Ali Akdeniz, Pavel Anzenbacher, Jr.
新規キラル大環状化合物の合成・構造・蛍光センシング機能
第27回基礎有機化学討論会,講演番号1B10
2016.9.1(広島)

Tadashi Ema, Chihiro Maeda
Metalloporphyrins as Catalysts for CO2 Fixation
Ninth International Conference on Porphyrins and Phthalocyanines (ICPP-9)
2016.7.7 (Nanjing, China)

Chihiro Maeda
Synthesis and Property of Carbazole-Based Porphyrins
229th ECS Meeting, 講演番号829
2016.5.31 (San Diego, USA)

高石和人, 安居 誠, 前田千尋, 依馬 正
ビナフチル−ビピリジル環状体の構造とキロプティカル特性のpHスイッチング
第14回ホスト・ゲスト化学シンポジウム,講演番号2P-24
2016.6.5(高知)

依馬 正, 横山真希, 渡部沙葵梨, 前田千尋, 高石和人, 南 豪, Ali Akdeniz, Pavel Anzenbacher, Jr.
蛍光性キラル大環状化合物の合成と不斉認識に伴う光応答性
第14回ホスト・ゲスト化学シンポジウム,講演番号1P-07
2016.6.4(高知)

高石和人, 山本祟博, 林 京平, 前田千尋, 依馬 正
キラルナフトジオキセピンの特異な構造と光学挙動
第14回ホスト・ゲスト化学シンポジウム,講演番号1A-04
2016.6.4(高知)

Kazuto Takaishi, Takahiro Yamamoto, Kyohei Hayashi, Chihiro Maeda, Tadashi Ema
Synthesis and Optical Properties of Oligonaphthodioxepins with Continuous
Extreme-Cisoid Conformation
Molecular Chirality Asia 2016, 講演番号 PB-51
2016.4.22 (大阪)

前田千尋,戸高 匠,上田知美,高石和人,依馬 正
カルバゾール骨格を組み込んだBODIPYの合成及び固体発光特性
日本化学会第96春季年会,講演番号4F1-31
2016.3.27(京田辺)

前田千尋,上田知美,戸高 匠,高石和人,依馬 正
カルバゾール骨格を組み込んだBODIPYの合成
日本化学会第96春季年会,講演番号4F1-30
2016.3.27(京田辺)

高石和人,山本崇博,林 京平,前田千尋,依馬 正
光学活性オリゴナフトジオキセピンの合成と発光特性
日本化学会第96春季年会,講演番号4F2-15
2016.3.27(京田辺)

南條喜子,寺尾雄太,木村 涼,前田千尋,高石和人,依馬 正
NHC有機触媒を用いた無溶媒ベンゾイン反応
日本化学会第96春季年会,講演番号2F6-51
2016.3.25(京田辺)

前田千尋
機能性ポルフィリンの開発と二酸化炭素固定化反応への触媒的応用(若い世代の特別講演)
日本化学会第96春季年会,講演番号2F2-28
2016.3.25(京田辺)

前田千尋,貞永晃佑,小川加奈恵,高石和人,依馬 正
ビナフチルで架橋したポルフィリンの合成と物性調査
日本化学会第96春季年会,講演番号1F2-47
2016.3.24(京田辺)

依馬 正,横山真希,渡部沙葵梨,前田千尋,高石和人,南 豪,Ali Akdeniz,Pavel Anzenbacher, Jr.
蛍光性キラル大環状化合物の合成と不斉認識
日本化学会第96春季年会,講演番号1F4-30
2016.3.24(京田辺)

依馬 正
協同効果を意識した分子認識と触媒の化学
愛媛大学工学部応用化学科ミニシンポジウム
2016.1.22(松山)

(2015年)

Chihiro Maeda, Mototsugu Takata, Asami Honsho, Tadashi Ema
Synthesis of Carbazole-Based Porphyrins
International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem 2015), 講演番号1853
2015.12.18 (Hawaii, USA)

Takumi Todaka, Chihiro Maeda, Tadashi Ema
Synthesis and Property of Carbazole-Based BODIPYs
International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem 2015), 講演番号1852
2015.12.18 (Hawaii, USA)

Chihiro Maeda, Junta Shimonishi, Kanae Ogawa, Tadashi Ema
Structural Optimization of Bifunctional Metalloporphyrin Catalysts for CO2 Fixation
International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem 2015), 講演番号835
2015.12.16 (Hawaii, USA)

Kanae Ogawa, Chihiro Maeda, Tomoya Taniguchi, Tadashi Ema
Highly Active Bifunctional Triporphyrin Catalysts for CO2 Fixation
International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem 2015), 講演番号823
2015.12.16 (Hawaii, USA)

前田千尋,小川加奈恵,谷口智也,依馬 正
二酸化炭素固定化反応のための二官能性ポルフィリン多量体触媒
兵庫県立大学Cat-on-Cat新規表面反応研究センターシンポジウム2015,講演番号P11
2015.12.10(姫路)

横山真希,渡部沙葵梨,前田千尋,高石和人,依馬 正
大環状化合物の不斉認識能とキロプティカル特性
兵庫県立大学Cat-on-Cat新規表面反応研究センターシンポジウム2015,講演番号P10
2015.12.10(姫路)

依馬 正
協同効果を利用する二酸化炭素固定化触媒
兵庫県立大学Cat-on-Cat新規表面反応研究センターシンポジウム2015,講演番号SL01
2015.12.10(姫路)

高石和人,山本崇博,林 京平,前田千尋,依馬 正
光学活性ナフトジオキセピン四量体の合成と物性
2015日本化学会中国四国支部大会,講演番号15P63
2015.11.15(岡山)

前田千尋,戸高 匠,依馬 正
カルバゾール骨格を有するBODIPYの合成及び光物性に及ぼす置換基効果
2015日本化学会中国四国支部大会,講演番号15P58
2015.11.15(岡山)

前田千尋,小川加奈恵,谷口智也,依馬 正
二官能性ポルフィリン多量体触媒の開発及び活性調査
2015日本化学会中国四国支部大会,講演番号15P55
2015.11.15(岡山)

前田千尋
二酸化炭素固定化に用いる二官能性ポルフィリン触媒
2015日本化学会中国四国支部大会,講演番号15EE05
2015.11.15(岡山)

Kazuto Takaishi, Takahiro Yamamoto, Kyohei Hayashi, Chihiro Maeda, Tadashi Ema
Synthesis and Optical Properties of Oligonaphthalenes with Continuous Cisoid Conformation
The 13th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry (IKCOC-13), PC(C)-59
2015.11.12 (京都)

Chihiro Maeda, Yuki Miyazaki, Junta Shimonishi, Kazuto Takaishi, Tadashi Ema
Bifunctional Metalloporphyrin Catalysts for the Synthesis of Cyclic Carbonates from Epoxides and CO2
The 13th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry (IKCOC-13), PA(C)-01
2015.11.10 (京都)

高石和人,山本崇博,林 京平,前田千尋,依馬 正
光学活性ナフトジオキセピン四量体の合成と立体構造
第5回CSJ化学フェスタ2015,講演番号P8-025
2015.10.15(東京)

Chihiro Maeda, Tadashi Ema
Development of Bifunctional Metalloporphyrins for CO2 Fixation
新学術領域「柔らかな分子系」第12回ワークショップ“International workshop: Theory, measurement and creation of porphyrinoid compounds as soft molecular systems”
2015.10.1(つくば)

前田千尋,下西凖太,依馬 正
二酸化炭素固定化に用いる二官能性ポルフィリン触媒の構造最適化と基質適用範囲
第26回基礎有機化学討論会,講演番号2C02
2015.9.25(松山)

前田千尋,小川加奈恵,谷口智也,依馬 正
二官能性ポルフィリン多量体触媒の開発及び活性評価
第26回基礎有機化学討論会,講演番号2P110
2015.9.25(松山)

山本崇博,林 京平,前田千尋,高石和人,依馬 正
光学活性オリゴナフトジオキセピンの合成と光学特性
第26回基礎有機化学討論会,講演番号1P051
2015.9.24(松山)

前田千尋,戸高 匠,依馬 正
カルバゾール骨格を有するBODIPYの合成
第26回基礎有機化学討論会,講演番号1P058
2015.9.24(松山)

横山真希,渡部沙葵梨,前田千尋,高石和人,依馬 正
大環状化合物への置換基導入とキロプティカル特性
第9回バイオ関連化学シンポジウム,講演番号1P-007
2015.9.10(熊本)

前田千尋,戸高 匠,依馬 正
カルバゾール骨格を有するBODIPYの光物性に及ぼす置換基効果
第9回バイオ関連化学シンポジウム,講演番号1P-102
2015.9.10(熊本)

Chihiro Maeda, Tadashi Ema
Synthesis and Catalytic Application of Functional Porphyrins
2015 International Symposium for Advanced Materials Research
2015.8.17 (台湾)

前田千尋,小川加奈恵,谷口智也,依馬正
二官能性ポルフィリン多量体を用いたエポキシドの活性化
第13回ホスト・ゲスト化学シンポジウム,講演番号2P-10
2015.6.7(仙台)

横山真希,渡部沙葵梨,前田千尋,高石和人,依馬 正
キラル大環状化合物のキロオプティカル特性
第13回ホスト・ゲスト化学シンポジウム,講演番号2P-01
2015.6.7(仙台)

前田千尋,下西準太,依馬 正
協同効果を利用した二官能性ポルフィリン触媒
第13回ホスト・ゲスト化学シンポジウム,講演番号A-08
2015.6.6(仙台)

前田千尋,戸高 匠,依馬 正
カルバゾール骨格を有するBODIPYの合成及び物性評価
日本化学会第95春季年会,講演番号3D2-16
2015.3.28(船橋)

前田千尋,下西準太,依馬 正
二酸化炭素固定化のための二官能性ポルフィリン触媒:構造最適化と基質適用範囲
日本化学会第95春季年会,講演番号3D4-33
2015.3.28(船橋)

依馬 正
化学原料として二酸化炭素を使う:現状と展望
「エネルギーの高効率な創出、変換・貯蔵、利用の新規基盤技術の開発」第1回公開シンポジウム
2015.3.10(岡崎)

(2014年)

Tadashi Ema
Altered Lipase Acting as a More Useful Biocatalyst
Active Enzyme Molecule 2014, I-17
2014.12.19 (富山)

Hiroki Inoue, Chihiro Maeda, Tadashi Ema
Creation of Chemically Modified Lipases and Application to Organic Synthesis
Active Enzyme Molecule 2014, P-04
2014.12.18 (富山)

Tadashi Ema
Creation of Altered Lipase and Application to Organic Synthesis
Lipase Biotechnology and its Application Trends Symposium (LBATS)
2014.10.24 (China)

依馬 正
改変型生体触媒の創成と有機合成への応用
第114回触媒討論会,講演番号1E01
2014.9.25(東広島)

依馬 正
二酸化炭素固定化のための二官能性ポルフィリン触媒
大阪有機化学工業
2014.9.18(大阪)

渡部沙葵梨,山崎隆之,前田千尋,依馬 正
クロスカップリング反応を用いたキラル大環状化合物への置換基導入と不斉認識機能の向上
第8回バイオ関連化学シンポジウム,講演番号2P-005
2014.9.12(岡山)

井上浩希,前田千尋,依馬 正
有機合成への応用を目的とした化学修飾リパーゼの創成
第8回バイオ関連化学シンポジウム,講演番号1P-027
2014.9.11(岡山)

前田千尋,高田基継,依馬 正
ブタジインで架橋した含カルバゾールポルフィリン二量体の合成と性質
第25回基礎有機化学討論会,講演番号2P084
2014.9.8(仙台)

前田千尋,下西準太,依馬 正
二酸化炭素固定化のための二官能性ポルフィリン触媒の構造最適化
第25回基礎有機化学討論会,講演番号1A03
2014.9.7(仙台)

前田千尋,高田基継,依馬 正
ブタジインで架橋した含カルバゾールポルフィリン二量体の合成と性質
第30回若手化学者のための化学道場,講演番号P08
2014.8.29(倉敷)

渡部沙葵梨,山崎隆之,前田千尋,依馬 正
キラル大環状化合物誘導体の合成と分子認識機能
第30回若手化学者のための化学道場,講演番号P12
2014.8.29(倉敷)

Chihiro Maeda, Tomoya Taniguchi, Kanae Ogawa, Tadashi Ema
Highly Active Bifunctional Triporphyrin Catalysts for the Synthesis of Cyclic Carbonates from Epoxides and CO2
Eighth International Conference on Porphyrins and Phthalocyanines (ICPP-8),講演要旨集234頁
2014.6.27(Istanbul, Turkey)

井上浩希,前田千尋,依馬 正
化学修飾リパーゼの創成と有機合成への応用
モレキュラー・キラリティー2014,講演番号PP-42
2014.6.7(仙台)

渡部沙葵梨,山崎隆之,前田千尋,依馬 正
アリール基の導入によるキラル大環状化合物の不斉認識能の強化
モレキュラー・キラリティー2014,講演番号PP-37
2014.6.6(仙台)

前田千尋,下西準太,依馬 正
二官能性ポルフィリンを用いたエポキシドの動的分子認識
第12回ホスト・ゲスト化学シンポジウム,講演番号B-8
2014.5.31(東京)

前田千尋,小川加奈恵,谷口智也,依馬 正
フェニレンで架橋したポルフィリン多量体の合成と基質の活性化
第12回ホスト・ゲスト化学シンポジウム,講演番号1P-22
2014.5.31(東京)

渡部沙葵梨,山崎隆之,前田千尋,依馬 正
鈴木カップリングを用いた大環状化合物への置換基導入と不斉認識
第12回ホスト・ゲスト化学シンポジウム,講演番号1P-31
2014.5.31(東京)

渡部沙葵梨,山崎隆之,前田千尋,依馬 正
アリール基を導入したキラル大環状化合物の合成
日本化学会第94春季年会,講演番号3A5-31
2014.3.29(名古屋)

下西準太,前田千尋,依馬 正
二酸化炭素固定化反応のための二官能性ポルフィリン触媒の構造最適化
日本化学会第94春季年会,講演番号3A5-34
2014.3.29(名古屋)

前田千尋,小川加奈恵,谷口智也,依馬 正
二酸化炭素固定化反応のための二官能性ポルフィリン三量体触媒の開発
日本化学会第94春季年会,講演番号3A5-35
2014.3.29(名古屋)

前田千尋,高田基継,依馬 正
ブタジインで架橋した含カルバゾールポルフィリン二量体の合成
日本化学会第94春季年会,講演番号1PC-52
2014.3.27(名古屋)

依馬 正
二酸化炭素の固定化触媒:最近の研究開発動向
情報機構・セミナー
2014.2.20(川崎)

(2013年)

井上浩希,木村 涼,前田千尋,依馬 正
リパーゼ変異体の創成と触媒特性の評価
第17回生体触媒化学シンポジウム,講演番号2P-11
2013.12.21(岡山)

山崎隆之,渡部沙葵梨,奥田圭一,前田千尋,依馬 正
新規キラル大環状化合物の合成と不斉認識
第7回バイオ関連化学シンポジウム,講演番号2P-B-12
2013.9.28(名古屋)

井上浩希,木村 涼,吉田大希,前田千尋,依馬 正
改変型リパーゼの創製と触媒特性
第7回バイオ関連化学シンポジウム,講演番号1P-C-43
2013.9.27(名古屋)

Hiroki Inoue, Daiki Yoshida, Yasuko Nakano, Tadashi Ema
Creation of synthetically useful mutant enzymes on the basis of mechanistic studies
Enzyme Engineering XXII,講演番号22
2013.9.24(富山)

渡部沙葵梨,山崎隆之,奥田圭一,前田千尋,依馬 正
新規キラル大環状化合物の合成と不斉認識
第30回有機合成化学セミナー,講演番号P-57
2013.9.18(倉敷)

下西準太,宮崎祐樹,前田千尋,依馬 正
ポルフィリン金属錯体を用いた二酸化炭素固定化反応
第30回有機合成化学セミナー,講演番号P-56
2013.9.18(倉敷)

前田千尋
エチニル基を導入した含カルバゾールポルフィリンの合成
第30回有機合成化学セミナー,講演番号P-07
2013.9.18(倉敷)

渡部沙葵梨
新規キラル大環状化合物の合成と不斉認識
第29回若手化学者のための化学道場,講演番号P15
2013.8.30(広島)

前田千尋
カルバゾール骨格を有するポルフィリノイドの合成と性質
第45回構造有機化学若手の会夏の学校,講演番号120
2013.8.5(松山)

下西準太
ポルフィリン金属錯体を用いた二酸化炭素固定化反応
第45回構造有機化学若手の会夏の学校,講演番号121
2013.8.4(松山)

Chihiro Maeda
Synthesis of Carbazole-Based Porphyrinoids
Collaborative Conference on 3D & Materials Research 2013 (CC3DMR2013), 講演番号 31
2013.6.24 (Cheju, Korea)

依馬 正
酵素反応の原理を取り入れた二酸化炭素固定化触媒の開発
有機合成化学協会・有機合成化学講習会
2013.6.19(東京)

依馬 正
分子間力の制御を基軸とした金属ポルフィリン錯体触媒の開発ならびに生体触媒の改変
大阪大学・林研究室セミナー
2013.6.15(吹田)

依馬 正,渡部沙葵梨,奥田圭一,山崎隆之
大環状化合物によるキラルアニオンの不斉認識
第10回ホスト・ゲスト化学シンポジウム,講演番号1P-04
2013.5.25(和歌山)

依馬 正,下西準太,宮崎祐樹
二酸化炭素固定化反応のための高活性二官能性触媒: 反応機構の調査
日本化学会第93春季年会,講演番号4B4-29
2012.3.25(草津)

依馬 正,福原和城,酒井貴志
四級アンモニウムヒドロキシドを有機触媒として用いるエポキシドと二酸化炭素による環状炭酸エステルの合成
日本化学会第93春季年会,講演番号3PB-006
2012.3.24(草津)

依馬 正,渡部沙葵梨,奥田圭一,山崎隆之
空洞内に多重水素結合部位を有する大環状型アニオン認識レセプターの開発
日本化学会第93春季年会,講演番号2D5-33
2012.3.23(草津)

依馬 正,谷口智也,宮崎祐樹,高田 潤a
バイオジナス酸化鉄固定化ポルフィリン錯体触媒による二酸化炭素の固定化反応
日本化学会第93春季年会,講演番号2PA-083
2012.3.23(草津)

(2012年)

Daiki Yoshida, Yasuko Nakano, Tadashi Ema
Rational Alteration of Enzyme: Introduction of CH/π Interaction to the Transition State
The First International Symposium on Biofunctional Chemistry (ISBC2012),講演要旨集75頁,講演番号P-05
2012.11.28-29(東京)

Yuki Miyazaki, Shohei Koyama, Yuya Yano, Tadashi Ema
Bifunctional Catalyst for Carbon Dioxide Fixation: Cooperative Double Activation of Epoxides for the Synthesis of Cyclic Carbonates
The 12th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry (IKCOC-12), 講演番号PA-034
2012.11.13 (Kyoto)

Daiki Yoshida, Yasuko Nakano, Shusuke Kamata, Tadashi Ema
Dynamic Kinetic Resolution of Poor Substrates with Mutated Lipase and Ru Catalyst
The 12th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry (IKCOC-12), 講演番号PB-110
2012.11.14 (Kyoto)

依馬 正,奥田圭一,山﨑隆之
空洞内に多重水素結合部位を有する大環状型アニオンレセプターの開発
第6回バイオ関連化学シンポジウム,講演要旨集59頁,講演番号1P-005
2012.9.6(札幌)

依馬 正,谷口智也,宮崎祐樹,酒井貴志,橋本英樹,高田 潤
ポルフィリン錯体触媒を用いた二酸化炭素固定化反応:バイオジナス酸化鉄固定化触媒の開発
第6回バイオ関連化学シンポジウム,講演要旨集108頁,講演番号1P-103
2012.9.6(札幌)

依馬 正,奥田圭一,山﨑隆之,是永敏伸,酒井貴志
アニオン認識レセプターの開発
第9回ホスト・ゲスト化学シンポジウム,講演要旨集50頁,講演番号1P-06
2012.5.26(札幌)

依馬 正,宮崎祐樹,矢野祐也,小山祥平,是永敏伸,酒井貴志
ポルフィリン金属錯体を用いた二酸化炭素固定化反応
第9回ホスト・ゲスト化学シンポジウム,講演要旨集51頁,講演番号1P-07
2012.5.26(札幌)

依馬 正,宮崎祐樹,小山祥平,矢野祐也,是永敏伸,酒井貴志
二酸化炭素固定化のための二官能性ポルフィリン金属錯体触媒の開発
日本化学会第92春季年会,講演番号2G2-48B
2012.3.26(横浜)

依馬 正,吉田大希,中野靖子,是永敏伸,酒井貴志
リパーゼ二重変異体を用いた動的速度論的光学分割
日本化学会第92春季年会,講演番号3D3-17A
2012.3.27(横浜)

依馬 正,宮崎祐樹,谷口智也,萬代恭子,是永敏伸,酒井貴志,橋本英樹,高田 潤
鉄酸化細菌が作る驚きの無機・有機複合材料〜その基礎・応用研究〜(1):固定化触媒への応用
日本化学会第92春季年会,講演番号3PD-034Q
2012.3.27(横浜)

(2011年)

依馬正,吉田大希,中野靖子,是永敏伸,酒井貴志
リパーゼ二重変異体とRu錯体を用いた動的速度論的光学分割
第15回生体触媒化学シンポジウム,講演番号P-05
2011.12.22(東京)


依馬正,宮崎祐樹,是永敏伸,酒井貴志,橋本英樹,高田潤
バイオジナス酸化鉄固定化酵素:活性化因子の推定
第15回生体触媒化学シンポジウム,講演番号P-06
2011.12.22(東京)


Tadashi Ema, Yuki Miyazaki, Kyoko Mandai, Toshinobu Korenaga, Takashi Sakai,Hideki Hashimoto, Jun Takada
Biogenous Iron Oxide as Unique Supporting Material for Immobilized Catalysts
International Meeting on Novel Catalyst Design and Surface Science,講演要旨集57頁,講演番号PP-32
2011.12.9(姫路)


Tadashi Ema, Ryoko Obayashi, Kumiko Akihara, Toshinobu Korenaga, Takashi Sakai
Construction of Contiguous Quaternary Stereocenters by Intramolecular Crossed Benzoin Cyclization Using N-Heterocyclic Carbene
International Meeting on Novel Catalyst Design and Surface Science,講演要旨集53頁,講演番号PP-28
2011.12.9(姫路)


吉田大希,中野靖子,鎌田修輔,依馬 正,是永敏伸,酒井貴志
リパーゼの再設計:酵素反応の遷移状態の制御
2011年日本化学会西日本大会,講演要旨集148頁,講演番号1P-80
2011.11.12(徳島)


大林亮子,穐原久美子,依馬 正,是永敏伸,酒井貴志
有機触媒を用いる連続4級立体中心の構築
2011年日本化学会西日本大会,講演要旨集139頁,講演番号1P-62
2011.11.12(徳島)


是永敏伸,西田知弘,依馬 正,酒井貴志
ペンタフルオロフェニル基を有する光学活性ジオール合成のためのリパーゼによる速度論的光学分割
第35回フッ素化学討論会,講演要旨集101頁,講演番号P-19
2011.9.26(岡山)


是永敏伸,林 佳吾,依馬 正,酒井貴志
含フッ素不斉ジホスフィン-ロジウム触媒を用いた光学活性フラバノン類の合成
第35回フッ素化学討論会,講演要旨集99頁,講演番号P-18
2011.9.26(岡山)


是永敏伸,魚谷航太郎,依馬 正,酒井貴志
MeO-F12-BIPHEPの大量合成法の確立
第35回フッ素化学討論会,講演要旨集97頁,講演番号P-17
2011.9.26(岡山)


是永敏伸,田中勇気,依馬 正,酒井貴志
含フッ素芳香環中最大の電子求引性を有するBFPy基の電子的特性の調査
第35回フッ素化学討論会,講演要旨集95頁,講演番号P-16
2011.9.26(岡山)


是永敏伸,コアラム,依馬 正,酒井貴志
高度に電子不足で嵩高くないBFPyホスフィンの開発
第35回フッ素化学討論会,講演要旨集93頁,講演番号P-15
2011.9.26(岡山)


依馬 正,中野靖子,鎌田修輔,吉田大希,武田匡弘,是永敏伸,酒井貴志
酵素の触媒活性とエナンチオ選択性の合理的改善:遷移状態の操作
第5回バイオ関連化学シンポジウム,講演番号3A-07
2011.9.14(つくば)


是永 敏伸,コ アラム,魚谷 航太郎,依馬 正,酒井 貴志
金属との適度な配位力を有する超電子不足な新規ホスフィン配位子の開発
第58回有機金属化学討論会,講演番号P2C-14
2011.9.8(名古屋)


依馬 正,浦 宜睦,江口勝也,伊青裕平,是永敏伸,酒井貴志
大環状キラルポルフィリン二量体の合成と分子認識
第7回ホスト・ゲスト化学シンポジウム,講演番号B-16
2011.5.29(東広島)

依馬 正,奥田圭一,桑田康介,永田洋平,是永敏伸,酒井貴志,大西 敦
キラル大環状化合物の不斉認識機能
第7回ホスト・ゲスト化学シンポジウム,講演番号2P-14
2011.5.29(東広島)

依馬 正,吉田大希,中野靖子,鎌田修輔,是永敏伸,酒井貴志
酵素反応の遷移状態におけるCH/π相互作用
第7回ホスト・ゲスト化学シンポジウム,講演番号1P-20
2011.5.28(東広島)

依馬 正,大林亮子,穐原久美子,是永敏伸,酒井貴志
含窒素複素環式カルベン有機触媒を用いる不斉ベンゾイン環化
シンポジウム モレキュラー・キラリティー2011,講演番号PP-74
2011.5.21(東京)


依馬 正,桑田康介,永田洋平,是永敏伸,酒井貴志,大西 敦
大環状不斉認識剤の構造最適化
シンポジウム モレキュラー・キラリティー2011,講演番号PP-48
2011.5.21(東京)


依馬 正,中野靖子,吉田大希,鎌田修輔,是永敏伸,酒井貴志
酵素反応のエナンチオ選択性の制御
シンポジウム モレキュラー・キラリティー2011,講演番号PP-65
2011.5.20(東京)


萬代恭子,是永敏伸,依馬 正,酒井貴志,古谷充章,橋本英樹,高田 潤
バイオジナス酸化鉄固定化Pd触媒の調製と無溶媒Suzuki-Miyauraカップリング反応への応用
日本化学会第91春季年会,講演番号3B1-31
2011.3.28 (横浜)


依馬 正,大林亮子,穐原久美子,是永敏伸,酒井貴志
NHC有機触媒を用いる連続4級立体中心の構築
日本化学会第91春季年会,講演番号2C1-44
2011.3.27 (横浜)


是永敏伸,林 佳吾,依馬 正,酒井貴志
電子不足な不斉ジホスフィン配位子を有するロジウム触媒による光学活性フラバノン類の合成
日本化学会第91春季年会,講演番号1C8-54
2011.3.26 (横浜)

依馬 正,中野 靖子,吉田 大希,是永 敏伸,酒井 貴志
リパーゼ二重変異体の合成化学的応用
日本化学会第91春季年会,講演番号1B2-30
2011.3.26 (横浜)

(2010年)

Tadashi Ema, Shusuke Kamata, Masahiro Takeda, Yasuko Nakano, Toshinobu Korenaga, Takashi Sakai
Rational Creation of Mutant Enzyme Showing Remarkable Enhancement of Catalytic Activity and Enantioselectivity toward Poor Substrates
2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem 2010), 講演番号 ORGN1976
2010.12.19 (Hawaii, USA)

Takashi Sakai, Ke-Fei Wang, Toshinobu Korenaga, Tadashi Ema
Lipase-Catalyzed Dynamic Kinetic Resolution for the Synthesis of Optically Active Cyanohydrins
2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem 2010), 講演番号 ORGN1400
2010.12.18 (Hawaii, USA)


Masahiko Yoshida, Ai Murakami, Tadashi Ema, Takashi Sakai
Kinetic Resolution of Primary Alcohols by Using Immobilized Lipases on Ionic Liquid-Coated Inorganic Support
2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem 2010), 講演番号 ORGN1393
2010.12.18 (Hawaii, USA)


Yuki Miyazaki, Takashi Sakai, Ai Murakami, Noriko Sakamoto, Tadashi Ema, Hideki Hashimoto, Mitsuaki Furutani, Makoto Nakanishi, Tatsuo Fujii, Jun Takada
Chemical Modification of Biogenous Iron Oxide to Create an Excellent Enzyme Scaffold
2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem 2010), 講演番号 ORGN1279
2010.12.18 (Hawaii, USA)


Takashi Sakai, Ai Murakami, Masahiko Yoshida, Tadashi Ema
Development and Use of Immobilized Lipase on Ionic Liquid-Coated Inorganic Support
2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem 2010), 講演番号 ENVR412
2010.12.18 (Hawaii, USA)


Tadashi Ema, Kumiko Akihara, Yoshitaka Oue, Yuki Miyazaki, Toshinobu Korenaga, Takashi Sakai
Construction of Contiguous Quaternary Stereocenters by Intramolecular Crossed Benzoin Reaction Catalyzed by N-Heterocyclic Carbene
2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem 2010), 講演番号 ORGN898 & ORGN1807
2010.12.17 (Hawaii, USA)


Tadashi Ema, Daisuke Tanida, Kazuki Hamada, Toshinobu Korenaga, Takashi Sakai
Macrocyclic Reagents for Chiral Discrimination in NMR
2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem 2010), 講演番号 ORGN331
2010.12.16 (Hawaii, USA)


是永敏伸,阿部佳余子,コアラム,依馬 正,酒井貴志
白金ジフェニル錯体からの還元的脱離反応における含フッ素ジホスフィン配位子の加速効果
第34回フッ素化学討論会,講演要旨集62頁,講演番号O-27
2010.10.19(札幌)


林 圭吾,是永敏伸,コアラム,依馬 正,酒井貴志
含フッ素不斉ジホスフィン配位子を有するロジウム触媒による超効率的不斉1,4-付加反応
第34回フッ素化学討論会,講演要旨集62頁,講演番号P-43
2010.10.18(札幌)


コアラム,是永敏伸,コアラム,依馬 正,酒井貴志
DFPPE配位子を有する白金ジフェニル錯体からの還元的脱離反応の可逆性の調査
第34回フッ素化学討論会,講演要旨集62頁,講演番号P-42
2010.10.18(札幌)


是永敏伸,大崎和隆,前西亮太,林圭吾,依馬 正,酒井貴志
電子不足な含フッ素不斉ホスフィン配位子の開発とそれを用いた高効率触媒的不斉1,4-付加反応
フッ素化学第155委員会第83回研究会,講演番号155-83-B-2
2010.10.1(横浜)


依馬 正,大林亮子,穐原久美子,大上誉志貴,是永敏伸,酒井貴志
含窒素複素環式カルベンを用いる分子内ベンゾイン反応
第4回バイオ関連化学シンポジウム,講演要旨集114頁,講演番号3P-12
2010.9.26(豊中)


依馬 正,中野靖子,鎌田修輔,是永敏伸,酒井貴志
酵素の合理的改変:遷移状態でCH/π相互作用を働かせる
第4回バイオ関連化学シンポジウム,講演要旨集124頁,講演番号3P-31
2010.9.26(豊中)


依馬 正,宮崎祐樹,上月いずみ,是永敏伸,酒井貴志,橋本英樹,古谷充章,中西
真,藤井達生,高田 潤
バイオジナス酸化鉄の化学修飾による酵素固定化担体の創製
第4回バイオ関連化学シンポジウム,講演要旨集151頁,講演番号3P-85
2010.9.26(豊中)


酒井貴志,宮崎祐樹,上月いずみ,依馬 正,是永敏伸,橋本英樹,古谷充章,中西
真,藤井達生,高田 潤
バイオジナス酸化鉄の化学修飾と酵素固定化担体への応用
第14回生体触媒化学シンポジウム in 静岡,講演要旨集38頁,講演番号O-11
2010.9.24(静岡)


酒井貴志,吉田昌彦,村上亜衣,是永敏伸,依馬 正
イオン液体担持シリカゲル固定化リパーゼの調製と利用
第14回生体触媒化学シンポジウム in 静岡,講演要旨集52頁,講演番号P-5
2010.9.23(静岡)

依馬 正,中野靖子,鎌田修輔,武田匡弘,是永敏伸,酒井貴志
酵素の合理的改変:遷移状態でCH/π相互作用を働かせる
第14回生体触媒化学シンポジウム in 静岡,講演要旨集54頁,講演番号P-6
2010.9.23(静岡)

依馬 正
多重水素結合部位を有するキラル大環状化合物の不斉識別機能
日本化学会第53回中国四国産学連携化学フォーラム&2010 Green Sustainable Chemistry Symposium in Tottori
2010.9.21(鳥取)


是永敏伸,大崎和隆,前西亮太,依馬 正,酒井貴志
電子不足な不斉ジホスフィンを有する高活性ロジウム触媒によるアリールボロン酸の不斉1,4-付加反応
第57回有機金属化学討論会,講演要旨集60頁,講演番号P1A-13
2010.9.16(八王子)


Tadashi Ema
Chiral Macrocycles with Multiple Hydrogen-Bonding Sites
The 4th International Symposium on Commemoration of Exchange Agreement between National Taiwan University and Okayama University
2010.9.9 (Okayama)


Tadashi Ema, Daisuke Tanida, Kyoko Sugita, Kazuki Hamada, Toshinobu Korenaga, Takashi Sakai, Ken-ichiro Miyazawa, Atsushi Ohnishi
Chiral Macrocycle for Chiral Discrimination in NMR and HPLC
22nd International Symposium on Chirality (ISCD-22), O-B14
2010.7.14 (Sapporo)


Tadashi Ema, Kumiko Akihara, Yoshitaka Oue, Yuki Miyazaki, Toshinobu Korenaga, Takashi Sakai
Stereoselective Synthesis of Bicyclic Tertiary Alcohols with Quaternary Stereocenters via Intramolecular Crossed Benzoin Reactions Catalyzed by N-Heterocyclic Carbenes
22nd International Symposium on Chirality (ISCD-22), PB-22
2010.7.14 (Sapporo)

Tadashi Ema, Daisuke Tanida, Tatsuya Matsukawa, Toshinobu Korenaga, Takashi Sakai
Artificial Enzyme Showing a 3,700,000-fold Rate Enhancement: Recognition of the Transition State
Joint Symposium of Post 5th International Symposium on Macrocyclic and Supramolecular Chemistry (POST-ISMSC5) and The 6th Symposium on Host-Guest Chemistry (HGCS2010), P040
2010.6.12 (Osaka)


Tadashi Ema, Daisuke Tanida, Kazuki Hamada, Toshinobu Korenaga, Takashi Sakai
Chiral Macrocyclic Receptors for Chiral Discrimination in NMR
Joint Symposium of Post 5th International Symposium on Macrocyclic and Supramolecular Chemistry (POST-ISMSC5) and The 6th Symposium on Host-Guest Chemistry (HGCS2010), B-10
2010.6.12 (Osaka)


酒井 貴志,吉田 昌彦,村上 亜衣,是永 敏伸,依馬 正
イオン液体担持シリカゲル固定化リパーゼの調製と利用
日本化学会第90春季年会,講演番号3B4-12
2010.3.28(大阪)


酒井 貴志,宮崎 祐樹,村上 亜衣,坂本 典子,是永 敏伸,依馬 正,橋本 英樹,古谷 充章,中西 真,藤井 達生,高田 潤
バイオ酸化鉄の化学修飾と酵素固定化担体への応用
日本化学会第90春季年会,講演番号3B4-11
2010.3.28(大阪)


依馬 正,中野 靖子,鎌田 修輔,是永 敏伸,酒井 貴志
多重変異導入によるリパーゼの触媒活性とエナンチオ選択性の合理的向上
日本化学会第90春季年会,講演番号3B4-05
2010.3.28(大阪)


是永 敏伸,前西 亮太,赤木 佑輔,依馬 正,酒井 貴志
電子不足な不斉ジホスフィン配位子を用いたロジウム触媒によるクマリン類への効率的不斉1,4-付加反応
日本化学会第90春季年会,講演番号3F1-04
2010.3.28(大阪)


依馬 正
酵素の合理的進化と機能強化
日本化学会第90春季年会,講演番号1A3-44
2010.3.26(大阪)


是永 敏伸,阿部 佳余子,コ アラム,依馬 正,酒井 貴志
白金錯体からのビフェニルの還元的脱離における電子不足なジホスフィン配位子の電子的効果の解明
日本化学会第90春季年会,講演番号1B2-12
2010.3.26(大阪)


依馬 正,穐原 久美子,大上 誉志貴,宮崎 祐樹,是永 敏伸,酒井 貴志
NHC有機触媒を用いた分子内交差ベンゾイン反応:連続4級立体中心を有する3級アルコールの立体選択的合成
日本化学会第90春季年会,講演番号1F5-09
2010.3.26(大阪)


Tadashi Ema
Synthesis of Chiral Intermediates with Biocatalysts and Organocatalysts
The 3rd International Symposium for Future Technology Creating Better Human Health and Society: Molecular Targets for the Development of Therapeutic Agents against Cancer and Infectious Diseases in vitro, in vivo and in silico, 講演要旨集 pp 36–39
2010.2.3 (Okayama)

(2009年)

是永 敏伸,依馬 正,酒井 貴志
有機溶媒中での酸素原子-π相互作用の実験及び計算による検証
第36回有機典型元素化学討論会, 講演要旨集295頁, P-35
2009.12.11(鳥取)


酒井貴志,田中恭子,是永敏伸,依馬 正
新規固定化リパーゼの開発と光学活性イソオオキサゾリン誘導体の合成
第13回生体触媒化学シンポジウム,講演要旨集,講演番号P-23
2009.12.3(香川)


酒井貴志,宮崎祐樹,村上亜衣,坂本典子,依馬 正,橋本英樹,古谷充章,中西 真,藤井達生,高田 潤
バイオ酸化鉄の化学修飾と固定化酵素への応用
第13回生体触媒化学シンポジウム,講演要旨集,講演番号P-21
2009.12.3(香川)


依馬 正,鎌田修輔,武田匡弘,中野靖子,是永敏伸,酒井貴志
変異導入による酵素の触媒活性とエナンチオ選択性の合理的向上
第13回生体触媒化学シンポジウム,講演要旨集,講演番号P-20
2009.12.3(香川)

Toshinobu Korenaga, Kazutaka Osaki, Ryota Maenishi, Tadashi Ema, Takashi Sakai
Electron-poor chiral diphosphine MeO-F12-BIPHEP acts as an efficient lingad for Rh-catalyzed asymmetric 1,4-addition
The 11th International KYOTO conference on New Aspests of Organic Chemistry (IKCOC-11),講演要旨集,講演番号
2009.11.12(Kyoto)


是永敏伸,大崎和隆,前西亮太,依馬 正,酒井貴志
電子不足な含フッ素不斉ジホスフィン配位子の開発
第33回フッ素化学討論会,講演要旨集36頁,講演番号O-16
2009.10.20(八王子)


是永敏伸,前西亮太,依馬 正,酒井貴志
含フッ素不斉ジホスフィンを有するロジウム触媒によるクマリンへの不斉1,4-付加反応
第33回フッ素化学討論会,講演要旨集78頁,講演番号P-09
2009.10.19(八王子)


是永敏伸,大崎和隆,前西亮太,依馬 正,酒井貴志
Electron-poor Chiral Diphosphine Ligands: High Performance for Rh-catalyzed Asymmetric 1,4-Addition of Arylboronic Acids
第56回有機金属化学討論会,講演要旨集112頁,講演番号P2B-30
2009.9.10(京都)

Toshinobu Korenaga, Kazutaka Osaki, Ryota Maenishi, Tadashi Ema, Takashi Sakai
Rh-catalyzed Asymmetric 1,4-Addition of Arylboronic Acid by using Electron-poor Chiral Diphosphine Ligands
The 15th IUPAC International Symposium on Organometallic Chemistry Directed Towards Organic Synthesis (OMCOS 15),講演要旨集,講演番号P-168
2009.7.27(Glasgow, UK)


是永敏伸,野村健治,尾上和貴,依馬 正,酒井貴志
含フッ素芳香環によるCBS触媒の電子的制御に基づくトリフルオロアセトフェノンの不斉ボラン還元反応
日本化学会第89春季年会,講演番号4F2-19
2009.3.30(船橋)


依馬 正,穐原 久美子,門屋 太郎,是永 敏伸,酒井 貴志
gem-ジフルオロ化ケトンのバイオ不斉還元
日本化学会第89春季年会,講演番号3J3-39
2009.3.29(船橋)

依馬 正,鎌田 修輔,武田 匡弘,是永 敏伸,酒井 貴志
二重変異導入によるリパーゼのエナンチオ選択性の合理的向上
日本化学会第89春季年会,講演番号3J3-26
2009.3.29(船橋)

是永敏伸,大崎和隆,前西亮太,赤木 佑輔,依馬 正,酒井貴志
新規含フッ素不斉リン配位子の遷移金属に対する電子的効果
日本化学会第89春季年会,講演番号2PA-171
2009.3.28(船橋)

是永敏伸,大崎和隆,前西亮太,依馬 正,酒井貴志
新規含フッ素不斉リン配位子を有するロジウム触媒によるアリールボロン酸の1,4-付加反応
日本化学会第89春季年会,講演番号1F2-296
2009.3.27(船橋)

(2008年)

依馬 正,井手彩矢佳,門屋太郎,穐原久美子,是永敏伸,酒井貴志
カルボニル還元酵素を用いた有用キラル化合物群の不斉合成
第12回生体触媒化学シンポジウム,講演要旨集15頁,講演番号O-3
2008.12.4(習志野)


依馬 正,門屋太郎,穐原久美子,是永敏伸,酒井貴志
カルボニル還元酵素を用いたジフルオロメチレン基を有する光学活性アルコールの合成
第12回生体触媒化学シンポジウム,講演要旨集56頁,講演番号P-32
2008.12.4(習志野)


酒井貴志,堤 吉弘,是永敏伸,依馬 正
アジリジン化合物の立体選択的な水素化開環反応‐溶媒と二酸化炭素の影響
第38回複素環化学討論会,講演要旨集389頁,講演番号3O-14
2008.11.23(福山)


是永敏伸,大崎和隆,依馬 正,酒井貴志
含フッ素芳香環を有するBINAP類縁化合物の合成検討
第32回フッ素化学討論会,講演要旨集147頁,講演番号P-38
2008.11.18(名古屋)


是永敏伸,前西亮太,依馬 正,酒井貴志
含フッ素芳香環を有するDPPE類縁化合物の合成と電子的性質
第32回フッ素化学討論会,講演要旨集145頁,講演番号P-37
2008.11.18(名古屋)


是永敏伸,野村健治,尾上和貴,依馬 正,酒井貴志
含フッ素芳香環によるCBS触媒の電子的制御に基づいたα-CF3ケトンの不斉ボラン還元
第32回フッ素化学討論会,講演要旨集39頁,講演番号O-15
2008.11.17(名古屋)


Tadashi Ema
Role of Hydrogen Bonding in Artificial Receptor, Organocatalyst, and Biocatalyst
University of Erlangen-Nuremberg
2008.10.6 (Erlangen, Germany)


Tadashi Ema
Process Research on a Key Synthetic Intermediate of Clopidogrel
Ehrlich II (2nd World Conference on Magic Bullets Celebrating the 100th Anniversary of the Nobel Prize Awarded to Paul Ehrlich),講演要旨集 A-86
2008.10.3 (Nurnberg, Germany)


是永 敏伸,阿部 佳余子,山川 恭平,依馬 正,酒井 貴志
Effect of Electron-poor Ligand on the Biaryl Reductive Elimination
第55回有機金属化学討論会,講演要旨集9頁,講演番号O1-08
2008.9.28(大阪)


依馬 正,谷田大輔,松川竜也,是永敏伸,酒井貴志
370万倍の反応加速効果を示す人工酵素
第3回バイオ関連化学合同シンポジウム,講演要旨集255頁,講演番号2P-68
2008.9.19(横浜)

依馬 正,鎌田修輔,武田匡弘,是永敏伸,酒井貴志
点変異導入による酵素の触媒活性とエナンチオ選択性の制御
第3回バイオ関連化学合同シンポジウム,講演要旨集202頁,講演番号2P-14
2008.9.19(横浜)

依馬 正,井手彩矢佳,沖田修康,是永敏伸,酒井貴志
遺伝子組換え大腸菌を用いた医薬中間体の不斉合成に関するプロセス研究
第3回バイオ関連化学合同シンポジウム,講演要旨集201頁,講演番号2P-13
2008.9.19(横浜)

依馬 正,浜田和樹,谷田大輔,是永敏伸,酒井貴志
キラル大環状ホストの合成とその不斉認識機能
第3回バイオ関連化学合同シンポジウム,講演要旨集106頁,講演番号1P-59
2008.9.18(横浜)


Takashi Sakai, Yoshihiro Tsutsumi, Tadashi Ema
Development of Immobilized Phosphonium Bromide for Cyclic Carbonate from Epoxide
The First International Symposium on Process Chemistry,講演要旨集228頁,講演番号1P-65
2008.7.29(京都)


依馬 正,杉田京子,谷田大輔,是永敏伸,酒井貴志,大西 敦,宮澤賢一郎
多重水素結合部位を有する大環状型キラルセレクターの合成とその光学分割能の評価
第3回ホスト・ゲスト化学シンポジウム,講演要旨集64頁,講演番号P1-24
2008.5.31(東京)


依馬 正,浜田和樹,谷田大輔,是永敏伸,酒井貴志
大環状レセプターの構造改変による不斉認識能のチューニング
第3回ホスト・ゲスト化学シンポジウム,講演要旨集63頁,講演番号P1-23
2008.5.31(東京)


王 克飛,依馬 正,酒井 貴志
リパーゼを用いる動的速度論的光学分割による光学活性シアノヒドリンの合成
シンポジウム・モレキュラー・キラリティー 2008,講演番号PP-32
2008.5.23(岡山)


依馬 正,井手 彩矢佳,沖田 修康,是永 敏伸,酒井 貴志
遺伝子組換え大腸菌を用いたクロピドグレル合成中間体の高効率不斉合成
シンポジウム・モレキュラー・キラリティー 2008,講演番号PP-14
2008.5.23(岡山)


依馬 正,杉田 京子,谷田 大輔,是永 敏伸,酒井 貴志,大西 敦,宮澤 賢一郎
大環状型キラルセレクターの合成とキラルカラムの性能評価
シンポジウム・モレキュラー・キラリティー 2008,講演番号PP-12
2008.5.23(岡山)


是永 敏伸,野村 健治,尾上 和貴,依馬 正,酒井 貴志
含フッ素芳香環によるCBS 触媒の電子的制御に基づいたα-CF3 ケトンの不斉ボラン還元
シンポジウム・モレキュラー・キラリティー 2008,講演番号PP-59
2008.5.22(岡山)


依馬 正,鎌田 修輔,武田 匡弘,是永 敏伸,酒井 貴志
点変異導入によるリパーゼの触媒活性とエナンチオ選択性の制御
シンポジウム・モレキュラー・キラリティー 2008,講演番号PP-13
2008.5.22(岡山)


依馬 正,浜田 和樹,谷田 大輔,是永 敏伸,酒井 貴志
大環状レセプターの合成と精密不斉認識
シンポジウム・モレキュラー・キラリティー 2008,講演番号PP-11
2008.5.22(岡山)


是永 敏伸,阿部 佳余子,依馬 正,酒井 貴志
ペンタフルオロベンゼンを用いた触媒的ビアリールカップリング反応
日本化学会第87春季年会,講演番号4H1-33
2008.3.29(東京)


是永 敏伸,大崎 和隆,依馬 正,酒井 貴志
ペンタフルオロフェニル基を有するBINAP類縁化合物の合成
日本化学会第87春季年会,講演番号4H4-11
2008.3.29(東京)


依馬 正,土肥 督弘,是永 敏伸,酒井 貴志
イオン液体中における酵素反応:含フッ素ポルフィリンのリパーゼ触媒速度論的光学分割
日本化学会第87春季年会,講演番号3PA-115
2008.3.28(東京)


依馬 正,杉田 京子,谷田 大輔,是永 敏伸,酒井 貴志,大西 敦
空洞内に多重水素結合部位を有する大環状型キラルセレクター
日本化学会第87春季年会,講演番号2L1-09
2008.3.27(東京)


依馬 正,浜田 和樹,谷田 大輔,是永 敏伸,酒井 貴志
不斉認識能を示すキラル大環状ホスト化合物
日本化学会第87春季年会,講演番号2L1-07
2008.3.27(東京)


酒井 貴志,堤 吉弘,是永 敏伸,依馬 正
アジリジン誘導体の立体選択的な水素化開環反応
日本化学会第87春季年会,講演番号2J1-45
2008.3.27(東京)


依馬 正,鎌田 修輔,武田 匡弘,是永 敏伸,酒井 貴志
点変異導入によるリパーゼのエナンチオ選択性の制御
日本化学会第87春季年会,講演番号1C7-40
2008.3.26(東京)


依馬 正,浦 宜睦,吉井 昌孝,是永 敏伸,酒井 貴志
触媒反応のエナンチオ選択性の半経験的予測法
日本化学会第87春季年会,講演番号1C7-38
2008.3.26(東京)


依馬 正,武田匡弘,鎌田修輔,是永敏伸,酒井貴志
変異導入による酵素の触媒活性とエナンチオ選択性の合理的制御
第11回生体触媒化学シンポジウム,講演要旨集56頁, 講演番号P08
2008.1.24(鳥取)


依馬 正,土肥督弘,是永敏伸,酒井貴志
加水分解酵素を用いた巨大2級アルコールの速度論的光学分割:イオン液体中における酵素反応
第11回生体触媒化学シンポジウム,講演要旨集54頁, 講演番号P07
2008.1.24(鳥取)


酒井貴志,村上亜衣,是永敏伸,依馬 正,宇都宮 賢,高橋和成,岩阪洋司
固定化酵素によるエステルオリゴマーの加水分解とその再利用性
第11回生体触媒化学シンポジウム,講演要旨集52頁, 講演番号P06
2008.1.24(鳥取)


依馬 正,浦 宜睦,是永敏伸,酒井貴志
触媒反応のエナンチオ選択性の半経験的予測法
第11回生体触媒化学シンポジウム,講演要旨集50頁, 講演番号P05
2008.1.24(鳥取)


依馬 正,井手彩矢佳,沖田修康,是永敏伸,酒井貴志
遺伝子組換え大腸菌を用いたクロピドグレル合成中間体の高効率不斉合成
第11回生体触媒化学シンポジウム,講演要旨集48頁, 講演番号P04
2008.1.24(鳥取)


依馬 正
生体にヒントを得た水素結合駆動型機能性分子
筑波大学学際物質科学研究センター機能性分子シンポジウム
2008.1.12(つくば)


依馬 正
分子間相互作用の制御による機能の創出
岡山大学学内COE「"鉄"の科学の新展開」ミニシンポジウム《ナノで考える機能性分子》
2008.1.9(岡山)


(2007年)

是永敏伸,阿部佳余子,依馬 正,酒井貴志
ペンタフルオロフェニル基導入のためのビアリールカップリング反応
2007年日本化学会西日本大会,講演要旨集205頁, 講演番号2S4-07
2007.11.11(岡山)

是永敏伸,野村健治,依馬 正,酒井貴志
C6F5基を有する光学活性ジアミン : 容易なパラ置換誘導体化の活用による不斉配位子の効率的スクリーニング
2007年日本化学会西日本大会,講演要旨集205頁, 講演番号2S4-06
2007.11.11(岡山)

依馬 正,井手彩矢佳,沖田修康,是永敏伸,酒井貴志
カルボニル還元酵素を利用した医薬中間体の不斉合成
2007年日本化学会西日本大会,講演要旨集200頁, 講演番号2S3-13
2007.11.11(岡山)

王 克飛,是永敏伸,依馬 正,酒井貴志
リパーゼを用いる動的速度論的光学分割による光学活性シアノヒドリンの合成
2007年日本化学会西日本大会,講演要旨集199頁, 講演番号2S3-11
2007.11.11(岡山)

依馬 正,武田匡弘,鎌田修輔,是永敏伸,酒井貴志
点変異導入による酵素のエナンチオ選択性の人為的制御
2007年日本化学会西日本大会,講演要旨集173頁, 講演番号1PB-54
2007.11.10(岡山)

依馬 正,土肥督弘,是永敏伸,酒井貴志
イオン液体中における酵素反応:リパーゼを用いた巨大2級アルコールの速度論的光学分割
2007年日本化学会西日本大会,講演要旨集173頁, 講演番号1PB-53
2007.11.10(岡山)

依馬 正,谷田大輔,濱田和樹,是永敏伸,酒井貴志
新しい光学純度決定試薬の開発と実用化
2007年日本化学会西日本大会,講演要旨集172頁, 講演番号1PB-52
2007.11.10(岡山)

堤 吉弘,是永敏伸,依馬 正,酒井貴志
シリカゲル固定化臭化ホスホニウムによるエポキシと二酸化炭素の環状炭酸エステル化反応
2007年日本化学会西日本大会,講演要旨集44頁, 講演番号1S6-03
2007.11.10(岡山)

依馬 正,谷田大輔,松川竜也,是永敏伸,酒井貴志
酵素活性中心を模倣した高活性有機触媒の創製
2007年日本化学会西日本大会,講演要旨集35頁, 講演番号1S3-06
2007.11.10(岡山)

依馬 正,谷田大輔,是永敏伸,酒井貴志
汎用性の高い水素結合駆動型光学純度決定試薬の開発
第92回有機合成シンポジウム,講演要旨集42頁, 講演番号O-16
2007.11.8(東京)

是永敏伸,野村健治,依馬 正,酒井貴志
BINAP-Ru-ジアミン錯体を用いた不斉水素化反応における含フッ素ジアミン配位子の電子的影響
第31回フッ素化学討論会,講演要旨集225頁, 講演番号P-45
2007.10.25(弘前)

是永敏伸,依馬 正,酒井貴志
フルオロベンゼン類のNICS値の異常性
第31回フッ素化学討論会,講演要旨集210頁, 講演番号P-40
2007.10.25(弘前)

是永敏伸,阿部佳余子,依馬 正,酒井貴志
ペンタフルオロベンゼンを用いた触媒的ビアリールカップリング反応
第31回フッ素化学討論会,講演要旨集150頁, 講演番号P-20
2007.10.25(弘前)

依馬 正,井手彩矢佳,沖田修康,是永敏伸,酒井貴志
遺伝子組換え大腸菌を利用した医薬中間体の不斉合成
第22回生体機能関連化学シンポジウム,講演要旨集434頁, 講演番号2P-32
2007.9.28(仙台)

依馬 正,谷田大輔,是永敏伸,酒井貴志
水素結合を利用する不斉識別試薬の開発と実用化
第22回生体機能関連化学シンポジウム,講演要旨集86頁, 講演番号1C-05
2007.9.28(仙台)

依馬 正,谷田大輔,是永敏伸,酒井貴志
新しい光学純度決定試薬の開発と実用化
第24回有機合成化学セミナー,講演要旨集138頁, 講演番号P-52
2007.9.14(淡路島)

是永敏伸,阿部佳余子,依馬 正,酒井貴志
Pd触媒を用いたアリール基へのC6F5基導入反応の開発
第24回有機合成化学セミナー,講演要旨集119頁, 講演番号P-33
2007.9.14(淡路島)

依馬 正,井手彩矢佳,沖田修康,是永敏伸,酒井貴志
遺伝子組換え大腸菌を用いたクロピドグレル合成中間体の高効率不斉合成
第10回バイオテクノロジー部会シンポジウム,講演要旨集79頁, 講演番号P51
2007.9.5(早稲田)

Tadashi Ema, Nobuyasu Okita, Sayaka Ide, Toshinobu Korenaga, Takashi Sakai
Asymmetric Reduction of Ketones Using Recombinant E. coli Cells Overproducing a Versatile Carbonyl Reductase The 8th International Symposium on Biocatalysis and Biotransformations
(Biotrans2007), 講演要旨集O41
2007.7.12(Oviedo, Spain)

依馬 正,谷田 大輔,是永 敏伸,酒井 貴志
水素結合を駆動力とする光学純度決定試薬の開発と実用化
第2回ホスト・ゲスト化学シンポジウム,A2-02
2007.5.25(大阪)

依馬 正,谷田 大輔,是永 敏伸,酒井 貴志
水素結合を駆動力とする実用性の高い大環状不斉識別試薬
日本化学会第87春季年会,4J2-08
2007.3.28(大阪)

是永 敏伸,野村 健治,佐々木 瞳,依馬 正,酒井 貴志
C6F5基を有する光学活性ジアミン:容易なパラ置換誘導体化の活用による不斉配位子の効率的スクリーニングその2
日本化学会第87春季年会,3PB-228
2007.3.27(大阪)

依馬 正,沖田 修康,井手 彩矢佳,是永 敏伸,酒井 貴志
遺伝子組換え大腸菌を用いたケトンの不斉還元:光学活性医薬中間体の不斉合成
日本化学会第87春季年会,2K3-33
2007.3.26(大阪)

依馬 正,土肥 督弘,是永 敏伸,酒井 貴志
加水分解酵素を用いた含フッ素不斉ポルフィリンの速度論的光学分割とその応用
日本化学会第87春季年会,2K3-19
2007.3.26(大阪)

酒井 貴志,王 克飛,是永 敏伸,依馬 正
リパーゼを用いる動的速論的光学分割よる光学活性シアノヒドリンの合成
日本化学会第87春季年会,2PA-048
2007.3.26(大阪)

依馬 正,沖田 修康,門屋 太郎,是永 敏伸,酒井 貴志
遺伝子組換え大腸菌を用いた光学活性医薬中間体の不斉合成
日本化学会第87春季年会,2PA-040
2007.3.26(大阪)

酒井 貴志,村上 亜衣,是永 敏伸,依馬 正,宇都宮 賢,高橋 和成,岩阪 洋司
エステルオリゴマーの固定化酵素による加水分解
日本化学会第87春季年会,2PA-038
2007.3.26(大阪)

酒井 貴志,堤 吉弘,是永 敏伸,依馬 正
エポキシドと二酸化炭素のカップリング反応による環状炭酸エステルの合成のための固定化触媒の開発
日本化学会第87春季年会,1PA-051
2007.3.25(大阪)


(2006年)


酒井 貴志,王 克飛,是永 敏伸,依馬 正
リパーゼを用いる動的速度論的光学分割による光学活性シアノヒドリンの合成
第10回生体触媒化学シンポジウム,講演要旨集67頁,講演番号P-48
2006.12.15(北九州)

酒井 貴志,藤原 基至,是永 敏伸,依馬 正
イソオキサゾリンメタノール類のリパーゼ光学分割における温度効果
第10回生体触媒化学シンポジウム,講演要旨集66頁,講演番号P-47
2006.12.15(北九州)

依馬 正,沖田 修康,武田 匡弘,是永 敏伸,酒井 貴志
遺伝子組換え大腸菌を用いたケトンの高エナンチオ選択的不斉還元
第10回生体触媒化学シンポジウム,講演要旨集64頁,講演番号P-45
2006.12.15(北九州)

是永 敏伸,依馬 正,酒井 貴志
フルオロベンゼンのNICS値の異常性
第33回有機典型元素化学討論会, 講演要旨集85頁, P-45
2006.12.8(福岡)

是永 敏伸,尾上 和貴,依馬 正,酒井 貴志
アルコール性酸素原子とペンタフルオロフェニル基の相互作用
第30回フッ素化学討論会, 講演要旨集85頁, O-25
2006.11.10(鳥取)

是永 敏伸,野村 健治,依馬 正,酒井 貴志
ペンタフルオロフェニル基の容易なパラ置換誘導体化を活用した不斉配位子の効率的スクリーニング
第30回フッ素化学討論会, 講演要旨集205頁, P-40
2006.11.9(鳥取)

Tadashi Ema, Takashi Sakai
Control and Development of Versatile Biocatalysts Showing High Enantioselectivity and Broad Substrate Specificity
The 9th Japan-China-Korea Joint Symposium on Enzyme Engineering, 講演要旨集37頁, 講演番号2B10
2006.11.1(大津)

依馬 正,沖田 修康,武田 匡弘,是永 敏伸,酒井 貴志
遺伝子組換え大腸菌を用いたケトンの高エナンチオ選択的不斉還元
バイオ関連化学合同シンポジウム
2006.9.30(京都)

依馬 正
水素結合駆動型機能性分子の創製
第22回若手化学者のための化学道場(若手研究者のためのセミナー), 講演要旨集33頁
2006.9.22(総社)

依馬 正,土肥 督弘,是永 敏伸,酒井 貴志
超高感度不斉認識試薬の開発
第1回ホスト・ゲスト化学シンポジウム,講演要旨集95頁,講演番号P043
2006.5.29(つくば)

依馬 正,谷田 大輔,是永 敏伸,酒井 貴志
新規不斉認識試薬の設計・合成・機能評価
第1回ホスト・ゲスト化学シンポジウム,講演要旨集119頁,講演番号P067
2006.5.29(つくば)

Tadashi Ema, Daisuke Tanida, Toshinobu Korenaga, Takashi Sakai
Chiral Recognition by a Chiral Macrocyclic Host
International Molecular Chirality Conference in Toyama (MC2006), 講演要旨集222頁, 講演番号PP-48
2006.5.19 (Toyama)

Tadashi Ema, Toshiyuki Fujii, Toshinobu Korenaga, Takashi Sakai
Control of Enantioselectivity of Lipase by Means of Site-directed Mutagenesis
International Molecular Chirality Conference in Toyama (MC2006), 講演要旨集219頁, 講演番号PP-47
2006.5.18 (Toyama)

依馬 正
汎用生体触媒の機能開拓と機能制御
酵素工学研究会第55回講演会,講演要旨集23頁
2006.4.21(京都)

酒井 貴志,堤 吉弘,山本 千尋,是永 敏伸,依馬 正
二酸化炭素とエポキシドを用いた環状炭酸エステルの合成を目的とした固定化触媒の開発
日本化学会第86春季年会,4D1-06
2006.3.30(船橋)

是永 敏伸,小林 史直,依馬 正,酒井 貴志
ホウ素-ペンタフルオロフェニル基(B-C6F5)を有するオキサザボロリジンの合成とその応用
日本化学会第86春季年会,3PB-203
2006.3.29(船橋)

是永 敏伸,野村 健治,依馬 正,酒井 貴志
ペンタフルオロフェニル基を有する光学活性ジアミン:容易なパラ置換誘導体化の活用による不斉配位子の効率的スクリーニング
日本化学会第86春季年会,3PB-185
2006.3.29(船橋)

依馬 正,沖田 修康,武田 匡弘,是永 敏伸,酒井 貴志
遺伝子組換え大腸菌を用いたケトンの高エナンチオ選択的不斉還元
日本化学会第86春季年会,2G5-51
2006.3.28(船橋)

是永 敏伸,小路 多恵子,依馬 正,酒井 貴志
溶液中におけるペンタフルオロフェニル基とアルコール性酸素原子の相互作用
日本化学会第86春季年会,2K2-17
2006.3.28(船橋)

酒井 貴志,藤原 基至,是永 敏伸,依馬 正
イソオキサゾリンメタノール類のリパーゼ光学分割における温度効果
日本化学会第86春季年会,2G5-08
2006.3.28(船橋)

依馬 正,土肥 督弘,是永 敏伸,酒井 貴志
光学活性ポルフィリン二量体の不斉認識:超高感度キラルシフト試薬
日本化学会第86春季年会,1PA-072
2006.3.27(船橋)

依馬 正,谷田 大輔,是永 敏伸,酒井 貴志
ホストゲスト化学に基づいた汎用性の高いキラルシフト試薬:合成と機能
日本化学会第86春季年会,1G6-46
2006.3.27(船橋)

依馬 正,藤井 俊之,尾崎 美沙,是永 敏伸,酒井 貴志
メカニズムに基づいた変異導入によるリパーゼのエナンチオ選択性の合理的制御
第9回生体触媒化学びわ湖シンポジウム,講演予稿集55頁,P38
2006.1.27(大津)

(2005年)

Takashi Sakai, Kohichi Kadowaki, Tadashi Ema, Toshinobu Korenaga Effect of the Intramolecular pi-pi Interaction for (4S,5R)-2-methyl-5-(pentafluorophenyl)-4-phenyl-1,3,2-oxazaborolidine in the Reduction of Ketone International Chemical Congress of Pacific Basin Societies
Pacifichem 2005, 講演番号ORGN1486
2005.12.19 (Hawaii, USA)

Tadashi Ema, Daisuke Tanida, Toshinobu Korenaga, Takashi Sakai Design and Synthesis of Organocatalyst Mimicking the Active Site of Lipase International Chemical Congress of Pacific Basin Societies
Pacifichem 2005, 講演番号BIOL673
2005.12.19 (Hawaii, USA)

Tadashi Ema
Mechanism of Enantioselectivity of Lipase: Elucidation and Development International Chemical Congress of Pacific Basin Societies
Pacifichem 2005, 講演番号BIOL406
2005.12.17 (Hawaii, USA)

Takashi Sakai, Motoshi Fujiwara, Toshinobu Korenaga, Tadashi Ema Kinetic Resolution of 5-(Hydroxymethyl)-3-phenyl-2-isoxazoline and Its Derivatives by Using the Low-Temperature Method with Porous Ceramics-Immobilized Lipase International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem 2005), 講演番号ORGN325
2005.12.16 (Hawaii, USA)

Tadashi Ema, Nobuyasu Okita, Hideo Yagasaki, Toshinobu Korenaga, Takashi Sakai Asymmetric Reduction of a Variety of Ketones with a Recombinant Carbonyl Reductase International Chemical Congress of Pacific Basin Societies
Pacifichem 2005, 講演番号ORGN299
2005.12.16 (Hawaii, USA)

Tadashi Ema, Nozomi Ouchi, Toshinobu Korenaga, Takashi Sakai Chemoenzymatic Synthesis of Useful Chiral Molecules Using Versatile Biocatalysts International Chemical Congress of Pacific Basin Societies
Pacifichem 2005, 講演番号ORGN108
2005.12.15 (Hawaii, USA)

是永 敏伸,小路 多恵子,依馬 正,酒井 貴志
アルコール性酸素原子とペンタフルオロフェニル基の相互作用
第32回へテロ原子化学討論会, 講演要旨集82頁, O-11
2005.12.4(つくば)

酒井 貴志,王 克飛,鳥越 陽恵,是永 敏伸,依馬 正
リパーゼの動的速度論的光学分割を用いる光学活性含フッ素シアノヒドリンの合成
第29回フッ素化学討論会, 講演要旨集266頁, P-54
2005.11.2(富山)

是永 敏伸,小崎 高寛,福村 六喜,依馬 正,酒井 貴志
C6F5B(OH)2を用いた効率的鈴木-宮浦カップリング反応
第29回フッ素化学討論会, 講演要旨集95頁, O-25
2005.11.2(富山)

是永 敏伸,角脇 耕一,依馬 正,酒井 貴志
ペンタフルオロフェニル基を有するオキサザボロリジンによる不斉還元反応:分子内π-πスタッキング相互作用の立体選択性への影響
第29回フッ素化学討論会, 講演要旨集263頁, P-53
2005.11.1(富山)

依馬 正,藤井 俊之,尾崎 美沙,是永 敏伸,酒井 貴志
変異導入によるリパーゼのエナンチオ選択性の合理的制御
第20回生体機能関連化学シンポジウム, 講演予稿集228頁, 2A-07
2005.9.18(名古屋)

依馬 正,尾内 希望,土肥 督弘,是永 敏伸,酒井 貴志
不斉ポルフィリン二量体レセプターの不斉認識機能
第20回生体機能関連化学シンポジウム, 講演予稿集374頁, 2P-32
2005.9.18(名古屋)

Toshinobu Korenaga, Takahiro Kosaki, Rokki Fukumura, Tadashi Ema, Takashi Sakai
Suzuki-Miyaura Coupling Reaction by using Pentafluorophenylboronic Acid
12th International Conference on Boron Chemistry,Abstracts, pp 100, 講演番号SP-B07
2005.9.12(Sendai)

Takashi Sakai, Toshinobu Korenaga, Tadashi Ema
Observation and Utility of Inter- and Intramolecular π-π and π-O Interactions between C6F5- and C6H5 Groups
17th International Symposium of Fluorine Chemistry, 講演番号 C-O-05
2005.7.25(Shanghai, China)

酒井 貴志,是永 敏伸,角脇 耕一,依馬 正
(4S,5R)-2-Methyl-5-(pentafluorophenyl)-4-phenyl-1,3,2-oxazaborolidineにおける分子内π-π相互作用のケトンの不斉還元に及ぼす影響
モレキュラーキラリティー2005,講演予稿集31頁,O-6
2005.6.7(大阪)

依馬 正,尾内 希望,是永 敏伸,酒井 貴志
2つの亜鉛ポルフィリンを有するキラル分子ピンセットの合成とキラルシフト試薬への応用
モレキュラーキラリティー2005,講演予稿集175頁,P-59
2005.6.7(大阪)

酒井 貴志,鳥越 陽恵,塚田 友樹,是永 敏伸,依馬 正
リパーゼを用いる動的速度論的光学分割による高光学活性シアノヒドリンの合成
日本化学会第85春季年会,2F2-32
2005.3.27(横浜)

依馬 正
新しいコンセプトに基づいた生体触媒の機能開拓
日本化学会第85春季年会,2F2-25
2005.3.27(横浜)

依馬 正,沖田 修康,矢ヶ崎 秀雄,是永 敏伸,酒井 貴志
汎用性の高いカルボニル還元酵素を大量発現する組換え大腸菌を用いたケトンの高エナンチオ選択的不斉還元
日本化学会第85春季年会,2F2-02
2005.3.27(横浜)

是永 敏伸,福村 六喜,依馬 正,酒井 貴志
ペンタフルオロフェニルボロン酸を用いた鈴木-宮浦カップリング反応
日本化学会第85春季年会,1E2-49
2005.3.26(横浜)

藤原 基至,満冨 洋,是永 敏伸,依馬 正,酒井 貴志
イソオキサゾリンメタノール類のリパーゼ光学分割における温度効果
日本化学会第85春季年会,1PB-159
2005.3.26(横浜)

是永敏伸,河内雄介,小崎高寛,依馬正,酒井貴志
ペンタフルオロフェニル基を有する分子ピンセットの開発
第21回機能性ホストゲスト化学研究会
2005.3.25(東京)

依馬 正
生体触媒反応における規則性
第1回生体触媒化学若手講演会
2005.3.25(横浜)

Tadashi Ema, Toshinobu Korenaga, Takashi Sakai
Versatile Biocatalysts Capable of Showing High Enantioselectivity and Broad Substrate Specificity Simultaneously: Mechanism and Synthetic Application
Joint Symposium of 4th European-Japanese Bioorganic Conference (EJBC-4) & Chemical Biology COE Program Sponsored by Okayama University, 講演要旨集104頁, 講演番号P28
2005.3.18 (Ushimado, Okayama)

Tadashi Ema, Daisuke Tanida, Toshinobu Korenaga, Takashi Sakai
Design and Synthesis of an Artificial Enzyme Mimicking the Active Site of Lipase: Toward a Highly Active Organocatalyst Useful for Green Chemistry
Joint Symposium of 4th European-Japanese Bioorganic Conference (EJBC-4) & Chemical Biology COE Program Sponsored by Okayama University, 講演要旨集103頁, 講演番号P27
2005.3.16 (Ushimado, Okayama)

Takashi Sakai, Wang Ke Fei, Liu Yu, Toshinobu Korenaga, Tadashi Ema
Kinetic Resolutions of Azirine and Aziridine Derivatives by Using Ceramics-Immobilized Lipase and Temperature Modulation
Joint Symposium of 4th European-Japanese Bioorganic Conference (EJBC-4) & Chemical Biology COE Program Sponsored by Okayama University, 講演要旨集105頁, 講演番号P29
2005.3.16 (Ushimado, Okayama)

依馬 正,矢ヶ崎秀雄,沖田修康,是永敏伸,酒井貴志
組換え大腸菌を用いたケトンの不斉還元
日本農芸化学会中四国支部第11回講演会,講演要旨集18頁,講演番号A-11
2005.1.22(岡山)

(2004年)

依馬 正,尾内 希望,是永 敏伸,酒井 貴志
リパーゼ反応を経由した光学活性機能性分子の合成
日本化学会第84春季年会,講演予稿集II,1147頁,1J6-29
2004.3.26(兵庫)

満冨 洋,是永敏伸,依馬 正,酒井貴志
イソオキサゾリン類のリパーゼ光学分割における低温法の実用化
日本化学会第84春季年会,講演予稿集II,1148頁,1J6-30
2004.3.26(兵庫)

劉 雨,是永 敏伸,依馬 正, 酒井 貴志
Neber反応による3-フェニル-2H-アジリン-2-酢酸誘導体の合成及びリパーゼ光学分割による光学活性アジリジンへの誘導
日本化学会第84春季年会,講演予稿集II,1148頁,1J6-32
2004.3.26(兵庫)

酒井 貴志,松田 明子,是永 敏伸,依馬 正
リパーゼによるエノールエステルの不斉プロトン化における温度効果
日本化学会第84春季年会,講演予稿集II,1148頁,1J6-33
2004.3.26(兵庫)

依馬 正,矢ヶ崎 秀雄,西川 久美子,是永 敏伸,酒井 貴志
カルボニル還元酵素の大量発現系の構築とそれを用いた不斉還元反応
日本化学会第84春季年会,講演予稿集II,1148頁,1J6-48
2004.3.26(兵庫)

是永 敏伸,角脇 耕一,依馬 正,酒井 貴志
ペンタフルオロフェニル基を有する光学活性アミノアルコールを配位子としたオキサザボロリジン触媒による不斉還元反応
日本化学会第84春季年会,講演予稿集II,1440頁,3PC-180
2004.3.28(兵庫)

是永 敏伸,角脇 耕一,依馬 正,酒井 貴志
ペンタフルオロフェニル基のTaft置換基定数σ*の再評価
日本化学会第84春季年会,講演予稿集II,969頁,4G2-06
2004.3.29(兵庫)

Toshinobu Korenaga, Koichi Kadowaki, Tadashi Ema, Takashi Sakai
Finding and application of pi-pi and pi-O atom interactions of a pentafluorophenyl group in a novel chiral amino alcohol
The International Conference Fluorine Chemistry '04 Kyoto, Abstracts, pp 158, 講演番号P-96
2004.5.10(京都)

Toshinobu Korenaga, Koichi Kadowaki, Tadashi Ema, Takashi Sakai
Estimation of the pKa values of alcohol and diamine containing pentafluorophenyl group by using ab initio calculations and / or Taft σ* substituent constants
The International Conference Fluorine Chemistry '04 Kyoto, Abstracts, pp 159, 講演番号P-97
2004.5.10(京都)

Tadashi Ema, Toshinobu Korenaga, Takashi Sakai
Carbonyl Reductase and Lipase as Versatile Biocatalysts Capable of Showing High Enantioselectivity and Broad Substrate Specificity Simultaneously
Gordon Research Conferences - Biocatalysis
2004.7.12-13(ニューハンプシャー, USA)

Takashi Sakai, Toshinobu Korenaga, Yusuke Kawauchi, Takahiro Kosaki, Tadashi Ema
Synthesis and Property of Molecular Tweezers Having Pentafluorophenyl Groups
15th International Conference on Organic Synthesis (IUPAC ICOS-15), Abstract p.517, 講演番号 5-F-27
2004.8.5 (Nagoya)

依馬 正,尾内 希望,是永 敏伸,酒井 貴志
酵素反応を経由した光学活性ポルフィリンホストの合成と分子認識
第19回生体機能関連化学シンポジウム, 講演要旨集198頁, 講演番号1P1-07
2004.10.8(東京)

是永敏伸,福村六喜,小崎高寛,依馬正,酒井貴志
ペンタフルオロフェニルボロン酸を用いた鈴木-宮浦カップリング反応
第28回フッ素化学討論会,講演要旨集,116頁,講演番号1P-30
2004.11.4(横浜)

是永敏伸,河内雄介,小崎高寛,依馬正,酒井貴志
ペンタフルオロフェニル基を有する分子ピンセットの開発と有機溶媒中におけるπ-πスタッキングの調査
第28回フッ素化学討論会,講演要旨集,36頁,講演番号2O-15
2004.11.5(横浜)

依馬 正,矢ヶ崎秀雄,沖田修康,是永敏伸,酒井貴志
リコンビナントカルボニル還元酵素を用いたケトンの不斉還元
第8回バイオテクノロジー部会シンポジウム,講演要旨集50頁,講演番号P-34
2004.11.6(神戸)

酒井 貴志,劉 雨,是永 敏伸,依馬 正
一級アルコールのリパーゼ光学分割の効率化とそのエナンチオ選択性
第8回生体触媒化学シンポジウム,講演要旨集30頁,講演番号P30
2004.12.16(横浜)

依馬 正,矢ヶ崎 秀雄,沖田 修康,是永 敏伸,酒井 貴志
汎用性の高い不斉還元生体触媒をめざした組換え大腸菌の構築
第8回生体触媒化学シンポジウム,講演要旨集32頁,講演番号P32
2004.12.16(横浜)

(2003年)

酒井 貴志,是永 敏伸,依馬 正,劉 雨
Neber反応の拡張による3-置換2H-アジリン-2-酢酸誘導体の合成
日本化学会第82春季年会,講演予稿集II,1390頁,2PC-037
2003.3.19

是永 敏伸,河内 雄介,依馬 正,酒井 貴志
ペンタフルオロフェニル基を有する電子不足型分子ピンセットの開発
日本化学会第82春季年会,講演予稿集II,1399頁,2PC-077
2003.3.19

依馬 正,景山 雅文,是永 敏伸,酒井 貴志
高温下におけるエナンチオ特異的酵素反応
日本化学会第82春季年会,講演予稿集II,1150頁,3G9-45
2003.3.20

酒井 貴志,熊代 雄一,是永 敏伸,依馬 正
低温下でのリパーゼ反応におけるエナンチオ選択性の転化温度の原因調査
日本化学会第82春季年会,講演予稿集II,1151頁,3G9-46
2003.3.20

Tadashi Ema, Masafumi Kageyama, Toshinobu Korenaga, Takashi Sakai
Enantiospecific Lipase-Catalyzed Reactions at High Temperatures up to 120 ℃ in Autoclave.
6th International Symposium on Biocatalysis and Biotransformations, 講演要旨集Chemicke listy 97(6), pp 357-358 (2003), 講演番号L048
2003.7.2

依馬 正
酵素の不斉認識力の原理と応用
甲南大学理工学部 化学セミナー
2003.9.11

依馬 正,吉井 昌孝,景山 雅文,是永 敏伸,酒井 貴志
酵素を利用したキラリティー検出とオートクレーブ中における120 ℃までの高温生体触媒反応
日本化学会生体機能関連化学部会(18回)・バイオテクノロジー部会(7回)合同シンポジウム, 講演要旨集212頁, 講演番号1OD-02
2003.10.12

依馬 正,矢ヶ崎 秀雄,景山 雅文,是永 敏伸,酒井 貴志
不斉合成に有用なカルボニル還元酵素の大量発現系の構築
日本化学会生体機能関連化学部会(18回)・バイオテクノロジー部会(7回)合同シンポジウム, 講演要旨集436頁, 講演番号2P-01
2003.10.13

Tadashi Ema, Masataka Yoshii, Masafumi Kageyama, Toshinobu Korenaga, Takashi Sakai
Probing Chirality by Enzyme: Mechanism-Based Enzymatic Method and Unprecedented High-Temperature Biocatalysis.
15th International Symposium on Chirality, 講演要旨集 p 183, PA-72
2003.10.21

Takashi Sakai, Yuichi Kumashiro, Masaru Takahama, Toshinobu Korenaga, Tadashi Ema
Eyring Diagram Having Inversion Temperature (Tinv) in the Lipase-Catalyzed Kinetic Resolutions at Low Temperatures.
15th International Symposium on Chirality, 講演要旨集 p 93, OB-08
2003.10.22

是永 敏伸,角脇 耕一,依馬 正,酒井 貴志
ペンタフルオロフェニル基の電子求引的置換基効果の決定
2003年日本化学会西日本大会,講演予稿集,46頁,1H07
2003.10.25

酒井 貴志,劉 雨,是永 敏伸,依馬 正
Neber反応の拡張による3-置換2H-アジリン-2-酢酸誘導体の合成及び応用
2003年日本化学会西日本大会,講演予稿集,300頁,2J10
2003.10.26

Sakai, T.; Oga, N.; Tanaka, N.; Takahashi, M.; Miura, M.; Korenaga, T.; Ema, T.
Regio- and Enantioselective Glucosidation of 1,2-Diols using CGTase of B. Stearothermophilus
The 9the International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Synthesis,講演番号PB-096
2003.11.13

是永 敏伸,角脇 耕一,依馬 正,酒井 貴志
ペンタフルオロフェニル基のTaftの置換基定数の決定
第27回フッ素化学討論会,講演要旨集,138頁,1P32
2003.11.20

是永 敏伸,河内 雄介,依馬 正,酒井 貴志
ペンタフルオロフェニル基を有する分子ピンセットの開発
第27回フッ素化学討論会,講演要旨集,150頁,1P38
2003.11.20

満冨 洋,是永敏伸,依馬 正,酒井貴志
イソオキサゾリン類のリパーゼ光学分割における低温法の実用化
第7回生体触媒化学シンポジウム, 講演要旨集17頁, 講演番号P-06
2003.12.11

酒井貴志,熊代雄一,是永敏伸,依馬 正
リパーゼ光学分割の温度効果における転移温度の発見とIsoinversion相関関係
第7回生体触媒化学シンポジウム, 講演要旨集60頁, 講演番号P-49
2003.12.11

依馬 正,景山雅文,是永敏伸,酒井貴志
極限温度下におけるリパーゼ触媒反応:-40 ℃から120 ℃まで
第7回生体触媒化学シンポジウム, 講演要旨集4頁, 講演番号O-2
2003.12.12

(2002年)

依馬 正,吉井 昌孝,是永 敏伸,酒井 貴志
リパーゼを利用した2級アルコールの触媒的絶対配置決定法
日本化学会第81春季年会,講演予稿集II,898頁,1F431
2002.3.26

酒井 貴志,熊代 雄一,是永 敏伸,依馬 正
極低温下でのリパーゼ反応における溶媒-温度効果
日本化学会第81春季年会,講演予稿集II,898頁,1F432
2002.3.26

酒井 貴志,猪野 恵,矢野 史佳,是永 敏伸,依馬 正
低温下でToyonite固定化リパーゼを使う際の架橋剤の最適化
日本化学会第81春季年会,講演予稿集II,899頁,1F433
2002.3.26

酒井 貴志,松田 明子,是永 敏伸,依馬 正
低温法を用いたアジリン類のリパーゼ光学分割におけるアシル化剤の選択による効率化
日本化学会第81春季年会,講演予稿集II,899頁,1F434
2002.3.26

酒井 貴志,大賀 則夫,田中 延明,高橋 真,三浦 雅英,是永 敏伸,依馬 正
CGTaseによるキラルアルコールの選択的配糖化
日本化学会第81春季年会,講演予稿集II,951頁,1F641
2002.3.26

是永 敏伸,藤岡 正彦,依馬 正,酒井 貴志
ペンタフルオロフェニル基を有する光学活性1,2-ジアミンの不斉合成法の検討
日本化学会第81春季年会,講演予稿集II,1353頁,2PB024
2002.3.27

是永 敏伸,河内 雄介,依馬 正,酒井 貴志
ペンタフルオロフェニル基を有する光学活性1,2-ジオールの不斉還元による合成法の検討
日本化学会第81春季年会,講演予稿集II,1354頁,2PB025
2002.3.27

是永 敏伸,南 晋一,依馬 正,酒井 貴志
ペンタフルオロフェニル基を有する光学活性ジアミン:その塩基性と反応性の評価
日本化学会第81春季年会,講演予稿集II,1241頁,4GY08
2002.3.29

是永 敏伸,田中 光,満冨 洋,依馬 正,酒井 貴志
ペンタフルオロフェニル基を有する光学活性アミノアルコール:その構造と反応への応用
日本化学会第81春季年会,講演予稿集II,1241頁,4GY09
2002.3.29

依馬 正
生体触媒反応のエナンチオ選択性の制御をめざして
第17回生体機能関連化学シンポジウム若手フォーラム「生体機能の模倣と制御」,講演予稿集,P11
2002.9.24

依馬 正
エナンチオ選択的酵素反応の化学的原理:第3のカテゴリーは存在するか?
2002年日本化学会西日本大会,講演予稿集133頁,1D09
2002.11.2

酒井 貴志,依馬 正,是永 敏伸
高歪みアジリン誘導体の極低温化でのリパーゼ光学分割と選択的官能基変換
第82回有機合成シンポジウム,要旨集,141頁,3-4
2002.11.7

是永 敏伸,依馬 正,酒井 貴志
O・・・π interaction: アルコール酸素とペンタフルオロフェニル基の相互作用
第26回フッ素化学討論会,要旨集,152頁,P33
2002.11.14

是永 敏伸,満冨 洋,依馬 正,酒井 貴志
ペンタフルオロフェニル基を有するキラル配位子の開発
第29回ヘテロ原子化学討論会,講演要旨集,48頁,O05
2002.12.12

酒井 貴志,猪野 恵,田中 優子,是永 敏伸,依馬 正
Toyonite固定化リパーゼにおける低温化での架橋剤の最適化
第6回生体触媒化学シンポジウム,講演要旨集,29頁,ポスター17
2002.12.12

依馬 正,吉井 昌孝,是永 敏伸,酒井 貴志
酵素反応を利用した2級アルコールの絶対配置決定法の開発
第6回生体触媒化学シンポジウム,講演要旨集,60頁,ポスター49
2002.12.12

酒井 貴志,松田 明子,是永 敏伸,依馬 正
低温法を用いたリパーゼ光学分割によるアシル化剤の選択による効率化
第6回生体触媒化学シンポジウム,講演要旨集,28頁,ポスター16
2002.12.13

酒井 貴志,大賀 則夫,高橋 真,田中 延明,是永 敏伸,依馬 正
CGTaseによるキラルアルコールの選択的配糖化
第6回生体触媒化学シンポジウム,講演要旨集,30頁,ポスター18
2002.12.13

酒井 貴志,熊代 雄一,是永 敏伸,依馬 正
低温下でのリパーゼ反応におけるエナンチオ選択性の転化温度の原因調査
第6回生体触媒化学シンポジウム,講演要旨集,59頁,ポスター48
2002.12.13

(2001年)

酒井 貴志,依馬 正
低温法によるリパーゼ光学分割のエナンチオ選択性制御と光学活性有用化合物の合成
第4回生体触媒化学シンポジウム,講演要旨集,18頁,1O-2
2001.1.18

酒井 貴志,高田 茂人,熊代 雄一,依馬 正
アジリン類のリパーゼ光学分割の高効率化と官能基変換
第4回生体触媒化学シンポジウム,講演要旨集,44頁,1P-25
2001.1.18

酒井 貴志,矢野 史佳,林 恭子,高見 未絵,依馬 正
多孔質セラミックスに固定化したリパーゼの機能向上
日本化学会第79春季年会,講演予稿集II,925頁,2F502
2001.3.28

酒井 貴志,高田 茂人,依馬 正
一級アルコールのリパーゼ光学分割における低温法の適用範囲と効率化
日本化学会第79春季年会,講演予稿集II,925頁,2F503
2001.3.28

酒井 貴志,田中 光,三木 康史,満冨 洋,依馬 正
フッ素化芳香環を有するアミノアルコール類の合成
日本化学会第79春季年会,講演予稿集II,1121頁,1H145
2001.3.28

酒井 貴志,高田 茂人,依馬 正
光学活性アジリンの調製とその選択的官能基変換
日本化学会第79春季年会,講演予稿集II,1139頁,4H102
2001.3.31

酒井貴志,高田茂人,熊代雄一,依馬 正
アジリン類のリパーゼ光学分割における低温法の高効率化
日本化学会第79春季年会,講演予稿集II,1339頁,2PA132
2001.3.29

酒井 貴志,満冨 洋,三木 康史,田中 光,依馬 正
フッ素化芳香環を有するシアノヒドリンの官能基変換
日本化学会第79春季年会,講演予稿集II,1414頁,3PB030
2001.3.30

酒井 貴志,南 晋一,西尾 勇二,平井 靖人,依馬 正
フッ素化芳香環を有する1,2-ジアミンの合成
日本化学会第79春季年会,講演予稿集II,1414頁,3PB031
2001.3.30

是永 敏伸,南 晋一,依馬 正,酒井貴志
ペンタフルオロフェニル基を有する新規キラル1,2-ジアミンの合成とその応用
第25回フッ素化学討論会,要旨集,187頁,P22
2001.11.19

Takashi Sakai, Hikaru Tanaka, Tomomasa Ishida, Shinichi Minami, Tadashi Ema, Toshinobu Korenaga
Synthesis and Application of Novel Chiral 1,2-Diaryl Compounds bearing Pentafluorophenyl Group
第25回フッ素化学討論会,要旨集,81頁,C06
2001.11.20

酒井 貴志,熊代 雄一,是永 敏伸,依馬 正
極低温下でのリパーゼ反応における温度効果
第5回生体触媒化学シンポジウム,講演要旨集,49頁,2P-10
2001.12.14

酒井 貴志,矢野 史佳,猪野 恵,是永 敏伸,依馬 正
Toyonite固定化リパーゼにおける架橋剤の最適化
第5回生体触媒化学シンポジウム,講演要旨集,50頁,2P-11
2001.12.14

酒井 貴志,高田 茂人,是永 敏伸,依馬 正
リパーゼ光学分割を利用した光学活性アジリン類の合成と選択的官能基変換
第5回生体触媒化学シンポジウム,講演要旨集,51頁,2P-12
2001.12.14

酒井 貴志,大賀 則夫,田中 延明,高橋 真,三浦 雅英,是永 敏伸,依馬 正
CGTaseを用いるキラルアルコールの選択的配糖化
第5回生体触媒化学シンポジウム,講演要旨集,52頁,2P-13
2001.12.14

依馬 正,是永 敏伸,酒井 貴志
汎用性酵素の特徴と分子機構
第5回生体触媒化学シンポジウム,講演要旨集,53頁,2P-14
2001.12.14

(2000年)

酒井 貴志,林 恭子,高原 美佳,依馬 正,宇高 正徳
固定化リパーゼを用いた低温下での光学分割の高効率化
第3回生体触媒化学シンポジウム,講演要旨集1P09
2000.1.20

酒井 貴志,高濱 昌,依馬 正,宇高 正徳
低温下でのアジリン類のリパーゼ光学分割
第3回生体触媒化学シンポジウム,講演要旨集1P10
2000.1.20

依馬 正,石田 美貴子,矢野 史佳,酒井 貴志,宇高 正徳
加水分解酵素の2級アルコールに対するエナンチオ選択性の発現機構(1)
第3回生体触媒化学シンポジウム,講演要旨集2P08
2000.1.21

依馬 正,山口 晋弘,若狭 裕治,田中 延明,酒井 貴志,宇高 正徳
加水分解酵素の2級アルコールに対するエナンチオ選択性の発現機構(2)
第3回生体触媒化学シンポジウム,講演要旨集2P09
2000.1.21

酒井 貴志,田中 光,三木 康史,依馬 正,宇高 正徳
リパーゼ光学分割を用いる光学活性フッ素化アレーン類の合成
第3回生体触媒化学シンポジウム,講演要旨集2P19
2000.1.21

酒井 貴志,林 恭子,高原 美佳,依馬 正,宇高 正徳
低温下での固定化リパーゼを用いた光学分割の高効率化
日本化学会第78春季年会,講演予稿集II,797頁,2D435
2000.3.29

依馬 正,小福田 徹,石田 知正,守屋 寛之,前原 健太郎,酒井 貴志,宇高 正徳
カルボニル還元酵素を用いた不斉還元とその基質特異性
日本化学会第78春季年会,講演予稿集II,798頁,2D441
2000.3.29

依馬 正,山口 晋弘,田中 延明,若狭 裕治,酒井 貴志,宇高 正徳
加水分解酵素のエナンチオ選択性の発現機構に関する熱力学的研究
日本化学会第78春季年会,講演予稿集II,798頁,2D442
2000.3.29

依馬 正,石田 美貴子,矢野 史佳,酒井 貴志,宇高 正徳
加水分解酵素のエナンチオ選択性の発現機構
日本化学会第78春季年会,講演予稿集II,1327頁,2PA083
2000.3.29

酒井 貴志,高濱 昌,依馬 正,宇高 正徳
低温下でのアジリン類のリパーゼ光学分割
日本化学会第78春季年会,講演予稿集II,961頁,3F208
2000.3.30

酒井 貴志,三木 康史,田中 光,薮田 真起子,依馬 正,宇高 正徳
ペンタフルオロフェニル基を持つ光学活性1,2-エタンジオールおよびその関連化合物の合成
日本化学会第78春季年会,講演予稿集II,962頁,3F211
2000.3.30

酒井 貴志,高田 茂人,太田 祥史,依馬 正,宇高 正徳
光学活性アジリン誘導体の調製とその選択的官能基変換
日本化学会第78春季年会,講演予稿集II,962頁,3F212
2000.3.30

酒井 貴志,三木 康史,鷲尾 典幸,依馬 正,宇高 正徳
ペンタフルオロフェニル基を有する1,2-エタンジアミンとその関連化合物の合成
日本化学会第78春季年会,講演予稿集II,1409頁,3PB038
2000.3.30

酒井 貴志,南 晋一,鷲尾 典幸,依馬 正,宇高 正徳
ペンタフルオロフェニル基を有する1,2-エタンジアミンの合成
日本化学会第78春季年会,講演予稿集II,968頁,4F202
2000.3.31

Takashi Sakai, Yasushi Miki, Tadashi Ema
Syntheses and Properties of Pentafluorophenyl-Containing 1,2-Ethanediamines and Their Related Compounds
The 8th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry (IKCOC-8), Abstract p.130, 講演番号 PP-023
2000.7.12 (Kyoto)

酒井貴志,西尾勇二,南 晋一,依馬 正
含フッ素芳香環を有する1,2-ジアミン類の合成
第24回フッ素化学討論会
2000.9.21-22

酒井 貴志,高濱 昌,依馬 正
アジリン類のリパーゼによる光学分割の高効率化
第78回有機合成シンポジウム,講演予稿集153頁,P-8
2000.9.28-29

酒井 貴志,高田 茂人,依馬 正
光学活性アジリン類のジアステレオ選択的官能基変換
第78回有機合成シンポジウム,講演予稿集155頁,P-9
2000.9.28-29

Takashi Sakai, Tadashi Ema
Lipase-Catalyzed Kinetic Resolution of 3-Phenyl-2H-azirine-2-methanol and Its Diastereoselective Transformations
2000 International Symposium on Organic Reactions - Tokyo, Abstract pp330-331
2000.10.26-28

Takashi Sakai, Tadashi Ema, Masanori Utaka
Synthesis of Useful Chiral Compounds by Using a Low-Temperature Method of Lipase-Catalyzed Resolution.
The 2000 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, ORGN 1650
2000.12.14-19

Hikaru Tanaka, Shin-ichi Minami, Tadashi Ema, Takashi Sakai
Synthesis of Optically Pure Pentafluorophenyl-Substituted Chiral 1,2-Diol, Aminoalcohols, and Related Compounds
The 2000 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, ORGN 209
2000.12.14-19

Masaru Takahama, Shigeto Takata, Tadashi Ema, Takashi Sakai
Enzymatic Synthesis of Optically Active Azirine Derivatives and their Selective Functional Group Transformation
The 2000 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, ORGN 1677
2000.12.14-19

Kyoko Hayashi, Tadashi Ema, Takashi Sakai
Enhancement of Efficiency in the Lipase-Catalyzed Optical Resolution by Using Porous Ceramics Support at Low Temperature
The 2000 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, ORGN 1678
2000.12.14-19

(1999年) 

依馬 正,酒井 貴志,宇高 正徳
リパーゼのエナンチオ選択性の発現機構
第2回生体触媒化学シンポジウム,講演要旨集91頁,2P05
1999.1.22

依馬 正,実谷 将人,酒井 貴志,宇高 正徳
遷移状態モデルに基づいて設計した不斉ポルフィリンのリパーゼによる速度論的光学分割
第2回生体触媒化学シンポジウム,講演要旨集53頁,1P20
1999.1.21

依馬 正,守屋 寛之,小福田 徹,酒井 貴志,宇高 正徳
パン酵母から単離精製した還元酵素を用いるカルボニル化合物の触媒的不斉還元
第2回生体触媒化学シンポジウム,講演要旨集54頁,1P21
1999.1.21

酒井 貴志,三木 康史,原田 知宜,依馬 正,宇高 正徳
リパーゼによる含フッ素シアノヒドリン誘導体の光学分割とその合成的利用
第2回生体触媒化学シンポジウム,講演要旨集55頁,1P22
1999.1.21

酒井 貴志,太田 祥史,高濱 昌,依馬 正,宇高 正徳
光学活性アジリン誘導体の調製とその選択的官能基変換
日本化学会第76春季年会,講演予稿集II,1016頁,4C225
1999.3.31

酒井 貴志,吉尾 修,高山 哲男,依馬 正,宇高 正徳
含フッ素芳香環を有する新規な色素化合物の合成とその物性
日本化学会第76春季年会,講演予稿集II,1017頁,4C232
1999.3.31

酒井 貴志,鷲尾 典幸,椿本 純子,依馬 正,宇高 正徳
ペンタフルオロフェニル基を有する1,2-ジアミンの合成
日本化学会第76春季年会,講演予稿集II,1017頁,4C233
1999.3.31

酒井 貴志,高濱 昌,太田 祥史,依馬 正,宇高 正徳
極低温下でのアジリン類のリパーゼ光学分割における水分の影響
日本化学会第76春季年会,講演予稿集II,1207頁,1D212
1999.3.28

酒井 貴志,林 恭子,岸本 徹夫,依馬 正,宇高 正徳
リパーゼ光学分割の条件検討と温度効果に及ぼす影響
日本化学会第76春季年会,講演予稿集II,1207頁,1D213
1999.3.28

依馬 正,石田 美貴子,岡田 亮一,酒井 貴志,宇高 正徳
加水分解酵素の立体選択性の発現機構(1)
日本化学会第76春季年会,講演予稿集II,1207頁,1D214
1999.3.28

依馬 正,実谷 将人,福本 稔,石田 美貴子,古家 健司,酒井 貴志,宇高 正徳
加水分解酵素の立体選択性の発現機構(2)
日本化学会第76春季年会,講演予稿集II,1207頁,1D215
1999.3.28

酒井 貴志,西尾 勇二,福知 尚道,依馬 正,宇高 正徳
パン酵母による5,6-ジケト酸の位置及びエナンチオ選択的還元
日本化学会第76春季年会,講演予稿集II,1216頁,2D210
1999.3.29

依馬 正,小福田 徹,守屋 寛之,酒井 貴志,宇高 正徳
カルボニル還元酵素を用いた不斉還元
日本化学会第76春季年会,講演予稿集II,1216頁,2D211
1999.3.29

酒井 貴志,三木 康史,原田 知宜,依馬 正,宇高 正徳
リパーゼによる含フッ素シアノヒドリン誘導体の光学分割とその合成的利用
日本化学会第76春季年会,講演予稿集II,1428頁,3PB008
1999.3.30

酒井 貴志,田島 晶夫,木谷 素久,依馬 正,宇高 正徳
ペンタフルオロフェニル基を有する光学活性アルコール類の合成と応用
日本化学会第76春季年会,講演予稿集II,1428頁,3PB009
1999.3.30

Takashi Sakai, Noriyuki Washio, Jyunko Tsubakimoto, Tadashi Ema, Masanori Utaka
Reductive Coupling of Imine Derivatives Having Pentafluorophenyl Group and
their Stereochemistry
The International Conference on Fluorine Chemistry '99 Tokyo, Abstract
pp137, P-77
1999.5.10

Takashi Sakai, Yasushi Miki, Tomonori Harada, Tadashi Ema, Masanori Utaka
Lipase-Catalyzed Resolution of Fluorine-Containing Cyanohydrin Derivatives
and their Synthetic Application
The International Conference on Fluorine Chemistry '99 Tokyo, Abstract
pp138, P-78
1999.5.10

依馬 正
リパーゼを用いた光学活性アルコールの合成とそのエナンチオ選択性の発現機構
第37回触媒研究懇談会,講演要旨集1頁
1999.8.5

Tadashi Ema, Takashi Sakai, Masanori Utaka
Transition-State Models for Hydrolytic Enzyme-Catalyzed Kinetic Resolutions
of Secondary Alcohols
Biotrans '99, Abstract P-7
1999.9.28

酒井 貴志,林 恭子,依馬 正,宇高 正徳
低温下での固定化リパーゼを用いた光学分割の高効率化
日本化学会中国四国支部・同九州支部合同大会,講演予稿集,234頁,2C10
1999.10.10

依馬 正,石田 美貴子,矢野 史佳,酒井 貴志,宇高 正徳
加水分解酵素サブチリシンの2級アルコールに対するエナンチオ選択性の発現機構(1)
日本化学会中国四国支部・同九州支部合同大会,講演予稿集,235頁,2C11
1999.10.10

依馬 正,山口 晋弘,若狭 裕治,田中 延明,酒井 貴志,宇高 正徳
加水分解酵素サブチリシンの2級アルコールに対するエナンチオ選択性の発現機構(2)
日本化学会中国四国支部・同九州支部合同大会,講演予稿集,236頁,2C12
1999.10.10

酒井 貴志,三木 康史,鷲尾 典幸,依馬 正,宇高 正徳
ペンタフルオロフェニル基を有するキラル化合物の合成と物性
第23回フッ素化学討論会,講演予稿集110頁,P-19
1999.11.18
 

 研究室ホームへ戻る