組織一覧表
研究内容の紹介
教員紹介




菅 誠治〈スガセイジ〉
専  門 プロセス合成、活性種化学、反応化学
研究内容 様々な活性種を効率よく発生させ、利用することは合成化学において非常に重要です。私は、新しい活性種の発生法の開発とこれをプロセス合成へと展開することを目的に研究を行っています。
講義科目 触媒反応工学,物理化学5

後藤 邦彰〈ゴトウクニアキ〉
専  門 化学工学、粉体工学
研究内容 固体材料プロセス中で見られる、スラリー(液体中に固体粒子が懸濁した状態)および、エアロゾル(気体中に粒子が浮遊した状態)での粒子凝集・付着特性評価法の確立と、輸送特性の予測・制御を目的として研究をしています。
講義科目 材料化学工学,化学工学1,化学装置設計製図

岸本 昭〈キシモトアキラ〉
専  門 無機固体化学
研究内容 多結晶固体内界面(粒界)を調製段階あるいは作製後外場により制御して、新規な機能を有する材料の探索や、機械特性とのトレードオフを考慮してトータルパフォーマンスに優れた材料の開発を行っています。
講義科目 分析化学,無機化学及び演習1,無機物性化学

高井 和彦〈タカイカズヒコ〉
専  門 有機合成化学,有機金属化学
研究内容 前周期遷移金属であるチタン、タンタル、クロム、マンガンなどの特性を活かした選択性の高い合成反応を開発することをめざして研究を行なっています。そのために、低原子価の金属から有機化合物への電子移動過程や金属の活性化のメカニズムを解明したり、反応の活性種である有機金属錯体の単離・X線結晶構造解析などを行なっています。
講義科目 有機化学及び演習1,有機化学及び演習2,有機金属化学

小野 努〈オノツトム〉
専  門 化学工学,界面・コロイド化学,高分子材料,マイクロ反応プロセス,生物工学
研究内容 高分子および両親媒性分子の分子設計からマイクロ空間を利用した流体制御技術を活用して,様々な材料形態を作り出すプロセスを新規に構築し,ナノ~マイクロスケールの高付加価値材料を創製する研究を行っています。
講義科目 物理化学及び演習2

依馬 正〈エマタダシ〉
専  門 有機合成化学,生物有機化学
研究内容 新規な生体触媒と化学触媒を設計・創成し,有用な有機化合物を合成しています。化学触媒の開発においては,生物が進化の過程で獲得した優れた原理を積極的に採用します。例えば,複数の分子間相互作用を集積作用させることにより,卓越した触媒機能を狙います。分子認識試薬・材料も開発しています。二酸化炭素の捕捉・活性化など,環境配慮技術への応用展開も図っています。
講義科目 有機化学及び演習1,化学生命系英語,基礎生物化学,立体化学

藤井 達生〈フジイタツオ〉
専  門 無機材料化学
研究内容 真空蒸着法やスパッタ法など、原子層単位で酸化物の結晶を成長させる方法を駆使して、未来の磁気センサや磁気記録に応用が期待されている、新しい酸化物磁性体薄膜の研究を行っています。
講義科目 無機化学及び演習2,無機化学3,基礎化学実験2,応用化学実験2



林 秀考〈ハヤシヒデタカ〉
専  門 電気化学,表面処理
研究内容 金属と微粒子(セラミックス,高分子など)の機能をあわせもつ複合材料や単一金属よりすぐれた機能を発揮する合金を湿式めっき法で作るための方法を研究しています。
講義科目 物理化学4,無機物性化学,化学英語,基礎化学実験2,応用化学実験2

黒星 学〈クロボシマナブ〉
専  門 有機合成化学,有機電気化学
研究内容 クロム、ニッケル、パラジウムなどの遷移金属は、現代の精密有機合成に欠かすことができません。こうした遷移金属反応剤を電解で還元したり還元剤と組み合わせて用いることにより、触媒量用いるだけで反応を完結させたり、新しい中間体を創ってこれまでできなかった物質変換を可能にしたりする研究を行っています。
講義科目 機器分析,化学英語1,合成化学実験1

内田 哲也〈ウチダテツヤ〉
専  門 高分子構造,高分子物性,高分子複合体
研究内容 一本一本の高分子鎖あるいはそれらの凝集状態を原子間力顕微鏡,電子顕微鏡を用いて直接観察し,高分子の固体高次構造を解明しています。また固体高次構造と機能・性能の関係を検討し,化学構造・固体高次構造を制御することにより,機能・性能に優れた新規高分子材料の開発を行っています。
講義科目 高分子化学,高分子材料化学,英語(工学部),現代化学2,合成化学実験3

光藤 耕一〈ミツドウコウイチ〉
専  門

有機合成化学、有機金属化学、有機電気化学

研究内容

触媒化学と有機電気化学を駆使して、新しい分子変換法の開発と、それを用いた新たな機能性材料の創成を目的とし、研究を行っています。

講義科目 合成化学実験1,ガイダンス科目,情報処理入門(分担)


狩野 旬〈カノジュン〉
専  門

無機材料化学,触媒化学,物性物理学

研究内容

金属-強誘電体界面接合系における触媒作用の研究を行っています。強誘電性分極揺らぎが金属の電子状態を変調させ新規触媒作用が発現する、というアイデアは今までにありません。実験手法として、まず無機材料化学の知見からナノ粒子や薄膜材料を合成し、放射光を用いた構造解析、電気測定で新しい触媒作用の起源に迫ります。

講義科目 無機化学及び演習1,基礎化学実験


中曽 浩一〈ナカソコウイチ〉
専  門

化学工学,熱工学,微粒子工学

研究内容

微粒子材料の製造プロセスをはじめとした紛体技術の高度化・効率化を熱・物質移動現象の観点から検討するとともに、未利用熱エネルギーの有効活用を目的とした新規蓄熱システムの開発研究を行っています。

講義科目 化学工学1



沖原 巧〈オキハラタクミ〉
専  門 高分子固体構造
研究内容 高分子の分子鎖の形が結晶の形やその形成過程にどのように影響するかを明らかにする。
講義科目 量子化学,高分子材料化学,基礎化学実験2,応用化学実験4

押木 俊之〈オシキトシユキ〉
専  門

化学触媒, 資源循環, 環境エネルギー

研究内容

<省エネ・省資源型の新しい化学触媒プロセス>
工業化を見据えた化学触媒の開発を、産業界等と連携して進めています。
<新エネルギー・産業技術の基盤開発>
エコイノベーション(環境・人間重視の技術および社会革新)につながる、新エネルギー等の基盤技術開発を進めています。

講義科目

無機化学及び演習2,物理学実験

高石 和人〈タカイシカズト〉
専  門

有機合成化学, 有機構造化学

研究内容

新奇かつ優れた有機光学材料、触媒、分子認識試薬の開発を目指しています。特異な立体構造を持つ光学活性有機化合物の設計・合成・物性調査を行い、化合物の構造と性質との関連性を解明しつつ機能化に挑戦します。

講義科目

工学基礎実習




萬代 大樹〈マンダイヒロキ〉
専  門 有機合成化学、糖鎖合成化学、不斉触媒反応
研究内容 生理活性天然物の合成を志向した効率的な有機合成反応の開発を目指して研究を行っています。
講義科目 情報処理入門(分担),合成化学実験3

中西 真〈ナカニシマコト〉
専  門 無機材料化学
研究内容 高温超伝導体の作製とその特性について研究を行っています。
また,磁性体を用いた電波吸収体について研究を行っています。
講義科目 応用化学実験2,情報処理入門(分担)

寺西 貴志〈テラニシタカシ〉
専  門

無機材料化学、電子セラミックス

研究内容 酸化物材料について電気領域から光領域までの交流周波数応答を調べることで、さまざまな物性の発現メカニズムを明らかにする研究を行っています。また,燃料電池や固体キャパシタ,熱電変換材料などの実用化に向けた新たな酸化物材料の開発を行っています。
講義科目

応用化学実験2,応用化学実験3


村井 征史〈ムライマサヒト〉
専  門

有機合成化学、機能性材料化学、有機金属化学、高分子合成化学

研究内容 有機化合物はその多種多様な分子構造に由来して誘電率、電気伝導性、蛍光、生理活性を始めとした多彩な機能を有します。遷移金属錯体を用いた反応性制御に基づく合理設計を駆使して、このような機能をつかさどる新奇な有機材料の創成を目指し、研究に取り組んでいます。特に双極子を組み込んだ拡張π共役系分子に焦点を当て、外部刺激応答型の新たなナノカーボン材料の開発に挑戦しています。
講義科目

合成化学実験3


前田 千尋〈マエダチヒロ〉
専  門

有機合成化学、生体関連化学、構造有機化学

研究内容

自然界には様々な機能を持った有機化合物が存在します。そのような天然の化合物をお手本に新しい機能をもった有機分子の開発を目指しています。新規共役系化合物を合成し、それらの電子的な物性を明らかにするとともに、触媒や分子認識など機能の発現へと展開します。

講義科目

合成化学実験2



浅子 壮美〈アサコソウビ〉
専  門

有機合成化学、有機金属化学、計算化学

研究内容

前周期遷移金属の特長を活かし、不活性結合切断や小分子の導入・脱離を伴う有機合成反応の開発をしています。実験・理論両面からのアプローチにより反応中間体や活性種の構造・反応性の解明にも取り組んでいます。

講義科目

合成化学実験1



渡邉 貴一〈ワタナベタカイチ〉
専  門

化学工学、界面・コロイド化学、高分子化学、マイクロ反応プロセス、生物工学

研究内容

精密ラジカル重合法を用いたブロック共重合体の分子設計とマイクロ空間での流体制御技術を活用することで、精密構造制御された高分子微粒子の簡易調製プロセスの構築を行っています。また、ソフトリソグラフィ技術により作製したマイクロ流路を利用することで複合流体の相分離構造の解明および機能性移植材料の開発に関する研究を行っています。

講義科目

材料プロセス実験2、材料プロセス実験3



三野 泰志〈ミノヤスシ〉
専  門

化学工学、微粒子工学、数値流体力学

研究内容

粒子分散系を扱う工業プロセスの予測・制御の難しさは系自身の示す特異な動的振る舞いによるものです。実験と数値シミュレーションの2つのアプローチにより、そのメカニズムの解明に取り組んでいます。

講義科目

材料プロセス実験2、材料プロセス実験3


このページの先頭へ

岡山大学工学部サイトマップトップページ